ここから本文です

毎日のお買い物に便利な設計の原付スクーター スズキ「レッツバスケット」に新色登場

2019/12/13(金) 17:01配信

バイクのニュース

主婦の意見を取り入れた原付スクーターとして登場

 2007年に「レッツ4バスケット」のネーミングで登場し、2015年にモデルチェンジしたスズキの原付スクーター「レッツバスケット」が、カラーリング変更して2020年1月10日より発売されます。

スズキ「レッツバスケット」と「レッツ4バスケット」の画像を見る

 スズキ「レッツバスケット」は、「レッツ」をベースに大型のフロントバスケットやフロントインナーラックなどの収納スペースを標準装備し、毎日のお買い物での利便性を高めた主婦想いの設計となっています。

 容量25リットルの大型フロントバスケット(最大積載許容重量5kg)には荷物の飛び出しを抑止するロール式シャッターが備えられ、2リットルのペットボトルが収納可能なフロントインナーラック、かばんホルダーとの組み合わせで多くの積載を可能としています。

 足つきに配慮した設計や軽量ボディ、シート下トランクスペース、U字ロックホルダー付リアキャリアや、搭載される排気量49ccのSEP(SUZUKI ECO PERFORMANCE)エンジンは「レッツ」および「アドレスV50」と同様です。

 カラーリングは新色の「グラスミッドナイトブラウン」と継続色の「ソリッドスペシャルホワイトNo.2」の全2色設定、車体価格(消費税10%込み)は18万5900円です。

バイクのニュース編集部

最終更新:2019/12/13(金) 17:01
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事