ここから本文です

ノロウイルスで30人食中毒 鴨川の旅館、営業停止

2019/12/13(金) 12:01配信

千葉日報オンライン

 千葉県は12日、鴨川市小湊の旅館「吉夢」を利用した少なくとも30人がノロウイルスによる食中毒にかかったと発表した。県は同日から14日まで旅館を営業停止の処分とした。

 県衛生指導課によると、4~7日に旅館を利用した199人のうち、25~91歳の男女30人に嘔吐(おうと)や下痢の症状がみられた。30人はいずれも刺身や煮物など旅館提供の食事を食べていた。

 6日に東金市内の利用者から山武保健所に連絡があり、旅館を管轄する安房保健所が調査したところ、患者や旅館従業員の便からノロウイルスが検出された。全員快方に向かっているという。

最終更新:2019/12/13(金) 12:01
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事