ここから本文です

育成の勝田が来季8戦トヨタ・ヤリスを駆る!愛知県出身ラリージャパンで故郷に錦[WRC]

2019/12/13(金) 21:45配信

中日スポーツ

 トヨタ自動車は13日、育成ドライバーの勝田貴元(26)が来季、世界ラリー選手権(WRC)の日本ラウンドを含む8戦にヤリスWRCで参戦することを発表した。今季ヤリスで出場したのはドイツ、スペインの2戦。出場機会の大幅増を勝ち取った。

 「2020年は新たな挑戦になる。自分がどこまで成長できるか本当に楽しみ。年間を通して良い走りをお見せできるよう頑張ります」。レギュラードライバーへの道を大きく切り開き、コメントを弾ませた。

 今季は下位クラスのWRC2にR5車両で7戦に出場し、5月のチリラリーでクラス優勝。WRカーのヤリスを与えられた2戦でも確実にメニューをこなし、WRCチームの首脳陣からも高く評価された。若手育成プログラムを監修するトミ・マキネン代表も「経験によりタカ(勝田)はもっと成長するでしょう」と太鼓判を押した。

 来季の最終戦は愛知、岐阜で開かれる日本ラウンドのラリージャパン。今年も前哨戦のセントラルラリーを制したが、愛知県長久手市出身の勝田が再び故郷に錦を飾る。

最終更新:2019/12/13(金) 21:45
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事