ここから本文です

親しき仲「だからこそ」礼儀あり。大人になってから親友と縁を切った理由

2019/12/13(金) 10:45配信

LIMO

「親友」とは「なんでも知っていて、なんでも許してくれる、唯一無二の存在である」以前の筆者はそう考えていました。しかし、親友というのはお互いの思いやりの上に成り立つもので、決して唯一無二の存在ではない、と思うような出来事が起こったのです。その出来事は、今までの私の「友達」という概念を大きく覆すものでした。

一生の友達だと思っていたけれど

筆者には、学生時代からの自他ともに認める「親友」がいました。結婚、出産、育児でなかなか会うことができなくてもコンスタントに連絡を取り合い、世間話からお互いの愚痴、近況報告などを言い合う仲。彼女の言葉から学ぶこと、気づくことも多く、彼女と会話する時間は筆者にとって有意義なものでした。

そして「あれ? 何かおかしいな?」と感じ始めたのは、お互い育児がひと段落して私が仕事を始めてから。彼女が会話の中で頻繁に「まぁ、仕事してたらわからないだろうけど」「仕事してると難しいよね」という言葉を入れてくるのです。

例えば「幼稚園が創立記念日で休みだったから、久々に娘とふたりで朝からゆっくり散歩したのよ。子どもとじっくり向き合う時間って本当に大切よ。まぁ、あなたは働いているから難しいだろうけど」「お昼にこんな本を読んだのよ。読書の時間って大切だと思うわ。でも、あなた仕事してるからなかなか本も読めないよねぇ、かわいそうに」など。

最初は「こんな感じ悪いことをいうなんて、私なんかしたかな?」「私何か仕事をしていることを自慢げに言ったっけ・・・」と戸惑っていた筆者ですが、あまりにもそのような発言が続くので、ついに堪忍袋の緒が切れてしまったのです。

その日もLINEで、公園で遊んでいる子どもの画像とともに、「今日は公園にきたよ。久々の砂場遊び、なかなか楽しかったよ。仕事してるとこんな時間も取れそうにないようね」という一文。それに対してつい「前から思っていたんだけど、どうして『仕事している=子どもと触れ合う時間がない』のような言い回しをしてくるのかわからない。今はあなたと話していても楽しくないし、話したいとも思わない」と返信したのです。

直後、「そんなつもりはなかった」という謝罪のLINEが来たのですが、まだ冷静になれていなかったので放っておいたら、最後には「そうか。あなたにとって私は親友からただの知り合いに格下げになったんだね」という一文。その自己陶酔しきって悲劇のヒロインぶった文面にまたまた腹が立った私は「二度と会いたくないし話したくない」と宣言。今に至る、というわけです。・・・こうして文字にしてみると、ふたりとも大人げなかったなぁ、と感じますが。

1/2ページ

最終更新:2019/12/13(金) 10:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ