ここから本文です

蓮佛美沙子、5年ぶりTBSドラマ出演 佐藤健の元カノで上白石萌音の“恋のライバル”に!?

2019/12/13(金) 5:00配信

クランクイン!

 女優の上白石萌音が主演を務め、俳優の佐藤健と初共演する2020年1月スタートのドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系/毎週火曜22時)に、女優の蓮佛美沙子が出演することが分かった。蓮佛がTBSのドラマに出演するのは5年ぶりとなる。

【写真】火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』人物相関図


 円城寺マキによる同名漫画をドラマ化する本作は、超ドSなドクターへの一目ぼれがきっかけでナースとなった主人公が、無謀ながら真っすぐに思いを伝え続ける、医療×愛×冒険の物語。上白石、佐藤のほか、香里奈、毎熊克哉、渡邊圭祐、山本耕史、吉川愛、堀田真由、平岩紙、お笑いコンビ・ミキの昴生らが顔をそろえる。

 ある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会った主人公・佐倉七瀬(上白石)は、彼に会いたい一心で猛勉強の末、ナースになる。だが、5年越しに再会した憧れのドクター・天堂浬(佐藤)は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人。周囲から「魔王」と恐れられている超ドSな天堂に憤慨しつつも、仕事に恋にまっすぐな七瀬は、根性で次々に起こる困難に食らいついていく。

 蓮佛が演じるのは天堂の元恋人・若林みのり役。みのりは、天堂と来生(毎熊)と同じ大学の医学部の同期で、3人で切磋琢磨しながら強い信頼関係を結んできた。天真爛漫で周りをよく笑わせる“太陽”のような女性であるみのりは、少し不器用な天堂にとって良き理解者であるとともに恋人でもあった。そんなみのりは、天堂が「魔王」と呼ばれるまでにストイックになるきっかけとなった出来事に深く関わっており、本作のキーパーソン的な役どころとなる。

 蓮佛は「天堂先生の心に棲みつき、七瀬の前には大きな壁のように立ち塞がる、2人を翻弄していく存在なので、ある種の強敵として物語を掻き乱していけるよう努めたいです。悲しい運命を背負ってしまった女性ではありますが、七瀬が太刀打ちできないと思うような、太陽のような存在として物語のスパイスになれたらなと思います」とコメントした。

 火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』はTBS系にて2020年1月より毎週火曜22時放送。

最終更新:2019/12/13(金) 5:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事