ここから本文です

センターは『アラジン』の美女! 『チャーリーズ・エンジェル』予告&ポスター解禁

2019/12/13(金) 13:20配信

クランクイン!

 女優のナオミ・スコット、クリステン・スチュワート、エラ・バリンズカが出演する映画『チャーリーズ・エンジェル』の公開日が2020年2月21日に決定し、予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

【写真】新星エンジェルたちが降臨! 『チャーリーズ・エンジェル』ワールドプレミアフォトギャラリー


 2000年、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューという人気女優が集結し、初の映画版として公開された『チャーリーズ・エンジェル』。続編『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』と共に世界興収入は5億ドルを超える大ヒットを記録し、女性が活躍するアクション映画の代表作となった。そして今回、世代も時代設定も一新し、新たなるエンジェルたちが活躍する新作が完成した。

 新世代のチャーリーズ・エンジェルとして選ばれたのは、映画『アラジン』のジャスミン役で大ブレイク中のナオミと、シャネルのミューズであり映画『トワイライト』シリーズなどの作品で日本でも人気のクリステン、そして抜群のスタイルを誇るイギリス出身の新星エラ。監督は『ピッチ・パーフェクト』シリーズなどで女優としても知られるエリザベス・バンクス。エリザベスは、脚本も担当し、さらにチャーリーに代わりエンジェルたちにミッションを与えるおなじみのキャラクター、ボスレー役として出演する。

 予告映像は「グッドモーニング、エンジェル」とチャーリーがスピーカーから呼びかけるお約束のセリフからスタート。そして、ボズレーがナオミ演じるエレーナをスカウトし、3人となったエンジェルたちのそれぞれのスキルが明かされていく。エレーナはハッキング、エラ演じるジェーンはそのしなやかな肉体であらゆる武器を自在に操る元MI6、クリステン扮するサビーナは変装のプロだ。そんな中、「新開発のエネルギーが兵器化される」という情報が舞い込み、それを阻止すべく、新星エンジェルたちの命を懸けた戦いが繰り広げられる。

 後半は、アリアナ・グランデとマイリー・サイラス、ラナ・デル・レイが歌う主題歌「Don't Call Me Angel」にのせ、怒涛のアクションシーンが展開。ラストには、黒い翼が生えたエンジェルとして、主題歌を歌う3人がちらりと登場するうれしいサプライズで締めくくられる。

 併せて解禁されたポスタービジュアルは、3人が黒の衣装に身を包み、ナオミをセンターに、上にクリステン、下にエラが描かれ、まわりには、彼女たちを美しく飾るアイテムが散りばめられた、スタイリッシュなビジュアルとなった。

 映画『チャーリーズ・エンジェル』は2月21日より全国公開。

最終更新:2019/12/13(金) 13:21
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事