ここから本文です

ClariS、CHiCO with HoneyWorksがテレビ初出演 『超次元音楽祭』出演者発表

2019/12/13(金) 18:00配信

クランクイン!

 アニメやゲームなどの「2次元」や近年人気の「2.5次元」の世界で活躍するアーティストたちが集結する『オダイバ!!超次元音楽祭』(フジテレビ/2020年1月2日24時50分)より、ClariSやCHiCO with HoneyWorks、小倉唯など11組の追加アーティストが発表された。ClariSとCHiCO with HoneyWorksはテレビ初出演となる。

【写真】第1弾出演アーティストとして発表された「宮野真守」


 『オダイバ!!超次元音楽祭』は、これまでの地上波ではあり得なかった音楽祭を「次元」を超えてド派手に送る音楽番組。2020年のお正月特番として放送され、MCのバナナマンが、最新エンタメ情報と共に、巧みなトークと大熱狂のライブでその魅力を徹底的に深堀する。

 すでに第1報として、藍井エイル、Aqours、花澤香菜、水樹奈々、宮野真守の出演が発表されていたが、今回、新たな追加アーティストとして11組の出演が決定した。

 テレビ初出演となる女性2人組ユニット・ClariSは、アニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のオープニングテーマ曲「irony」でデビューして以来、メディアに一切顔出ししていないながらも多数のヒット曲を生み出し、“ヴェールに包まれた歌姫”として注目を浴びてきた。そのClariSが2020年で10周年を迎えることからついにテレビの音楽番組に初登場する。

 さらにテレビ初出演となるもう1組がCHiCO with HoneyWorks。動画投稿サイト出身のクリエイターユニットHoneyWorksが、ヴォーカルにCHiCOを迎え結成されたユニットで、中高生に絶大な人気を誇る。アニメ『銀魂.』『荒ぶる季節の乙女どもよ。』など、人気作品のテーマソングを多数担当している彼女たちにも注目だ。

 そして、先日放送された『2019 FNS歌謡祭』にも出演し、倖田來未とのコラボレーションが大反響だった蒼井翔太や、麻倉もも、雨宮天、夏川椎菜の女性声優3人によるガールズユニットTrySail、声優界のアイドル的存在として絶大な人気を誇る小倉唯も出演。ほかにも、GRANRODEO、Roselia、中島愛、やなぎなぎ、平野綾、刀剣男士も登場する。

 企画・演出を担当するフジテレビ第二制作室の浜崎綾氏は、「セットも普通の歌番組とは違い、360度のセンターステージを組みます。お客さんの熱を取り込み、出演アーティストにホームのような雰囲気の中、伸び伸びとパフォーマンスをしてもらうのが狙い。“こんなアツいライブがあるんだ!”と視聴者に伝えることできたら」と意気込みを語った。

 『オダイバ!!超次元音楽祭』はフジテレビにて2020年1月2日24時50分放送。

最終更新:2019/12/13(金) 22:37
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事