ここから本文です

【攻めの姿勢】英アストン マーティン、セント・アサンに「重要な」ファクトリー開設 DBX生産

2019/12/13(金) 16:50配信

AUTOCAR JAPAN

会社の成長と地域活性のエンジンとして

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)

translation:Taeko Yamamoto(山本妙子)

【写真】DBX、競合のプレミアムSUVたち (178枚)



かつてのイギリス国防省の拠点に建設されたセント・アサン工場。アストン マーティンにとっては、初の高級SUV「DBX」を製造する唯一のグローバル拠点となる。

工場がフル稼働が開始する2020年の第2四半期には約600名が雇用され、生産のピーク時には750名に達する見込み。

開設式典には、ウェールズのマーク・ドレイクフォード首席大臣とアストン マーティンCEOのアンディ・パーマーが参列。

パーマーは、次のように述べた。

「セント・アサン新工場は、当社の成長計画において非常に重要なマイルストーンであり、かつ、当社がグローバルな高級ブランドとしての矜持を保つうえで不可欠な存在です」

「本日のオープン日は、『イギリスへの信任投票』を行なった日とも言えます」


ドレイクフォード首席大臣は次のように述べている。

「世界的知名度を誇るブランド企業がセント・アサンに生産拠点を置くということはすなわち、当該企業がウェールズの労働力を高く評価していることの証です。そして、ウェールズ政府のサポート、意欲的な姿勢、経済の活性化、雇用創出の一例でもあります」

新工場オープンの前日には買収の噂が

アストン マーティンは2016年に英国国防省の旧所有地を購入。

さらに、将来のDBX生産を支える人材育成のため、同年から既存のゲイドン工場のDB11生産ラインに従事するメンバーにトレーニングを開始。

2017年には レセプション、レストラン、オフィスを含む建物が新設され、昨年からは国防省の旧建物の改築が進められていた。

なお、AUTOCAR英国編集部は新工場オープンの前日、カナダの億万長者ローレンス・ストロールが同社を買収する可能性があることを明らかにしている。

AUTOCAR JAPAN

最終更新:2019/12/13(金) 16:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事