ここから本文です

史上最多の8球団を渡り歩いた後藤修氏 ゴルフ指導者としても尾崎将司ら育てる

2019/12/13(金) 19:58配信

Full-Count

元プロ野球選手で、ゴルフ指導者としても知られた後藤修氏が9月10日にこの世を去る

 元プロ野球選手で、ゴルフ指導者としても知られた後藤修氏が9月10日にこの世を去った。85歳だった。後藤氏は1934年4月1日、静岡県に生まれる(以下敬称略)。

【最新版】各チーム着々と来季への準備が進んでいる… 各球団発表、2019-2020年の引退、戦力外、自由契約一覧

 長嶋茂雄、野村克也らの2学年先輩。静岡県立磐田南高校から1952年、松竹ロビンスに入団。高校時代は全く無名の存在だったが、私的に師事していた野球指導者の新田恭一が、松竹監督に就任した縁で入団が決まった。181センチ78キロ、当時としては大型の左腕投手だった。

 しかし、松竹では1軍出場は無し。以後、後藤は、8球団を渡り歩く。トレードや譲渡ではなく、すべてテストを受けての入団だったという。

1952~54 松竹ロビンス
1955 東映フライヤーズ
1956 大映スターズ
1957~58 読売ジャイアンツ
1959~60 近鉄バファローズ
1961~62 南海ホークス
1963 西鉄ライオンズ

 8球団に在籍したのは、NPB史上最多。現役中から「ジプシー後藤」と呼ばれた。勝利数は大映時代の6勝が最多。規定投球回数に達したことはなかった。松竹では小鶴誠、巨人では川上哲治、長嶋茂雄、南海では野村克也、西鉄では稲尾和久、中西太と昭和を代表する大選手とチームメイトだった。

 1957年10月23日、後楽園での巨人-中日戦。巨人の馬場正平(のちのプロレスラー、ジャイアント馬場)は、通算200勝がかかった大投手・杉下茂と先発で投げあった。馬場は5回自責点1と好投したが、巨人、水原茂監督は5回で馬場を降ろし、後藤修をマウンドに上げた。後藤は7回途中まで5失点と派手に失点。杉下は完投で200勝を飾った。

 巨人は優勝が決まった後で、杉下に200勝を進呈する気でレギュラー陣の多くをスタメンから外し、実績が全くない馬場をマウンドに上げたが、馬場が“まさかの”好投したために、水原監督は馬場を降ろして後藤を上げたと言われている。

 NPB通算で169試合に登板し455.1回を投げ18勝31敗。332個奪三振、防御率3.81の成績を残している。

 1963年を最後に引退した後藤は、野球評論家として活躍するが、同時にレッスンプロの資格を取りプロゴルファーを指導する。恩師の野球指導者新田恭一はダウン・スイングを提唱。「ゴルフスイング理論」と言われたが、後藤はこの教えをゴルフ指導に活かし、尾崎将司、中島常幸、鈴木亨ら超一流のトッププロを指導した。

 日本ゴルフ界のプロコーチの草分けであり「軍師」「参謀」と讃えられた。ゴルフ理論や育成法に関する多くの著書を出版している。

広尾晃 / Koh Hiroo

最終更新:2019/12/13(金) 22:34
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事