ここから本文です

阪神マートン、DeNAロペス、燕バレ… 2010年代に活躍したセ助っ人打者たち

2019/12/13(金) 17:00配信

Full-Count

DeNAグリエルや巨人クルーズ、中日ブランコら懐かしの面々

 2019年も残すところあとわずか、この2010年代は野球界でも様々なシーンが生まれた。各球団は多くの外国人選手を獲得したが、その中でもインパクトを残した助っ人たちを振り返る。今回はセ・リーグの助っ人打者に注目したい。

【動画】「制球に難を抱える」巨人の新助っ人ビエイラがメジャーデビュー戦で投じた衝撃の大暴投の瞬間

【巨人】
○アレックス・ラミレス外野手
 2001年にヤクルトでNPBのキャリアをスタートし、2008~11年まで巨人でプレー。2010年にはキャリアハイとなる49本塁打を放ち、129打点、打率.304として2度目の本塁打王、4度目の打点王に輝いた。2012~13年はDeNAでプレー。外国人選手初の2000本安打を放ち、名球会入りしている。

○アレックス・ゲレーロ外野手
 2017年に中日で35本塁打で本塁打王となりブレークしたゲレーロは、2018年から巨人でプレー。初年度は15本塁打を放ち、今季は101試合に出場して21本塁打、54打点、打率.237と5年ぶりのリーグ制覇に貢献した。

○ケーシー・マギー内野手
 2013年に楽天入りし、初年から28本塁打、93打点、打率.292と活躍すると、翌年にはマーリンズ入りしてMLB復帰を果たした。しかし2016年オフにタイガースからFAとなると、巨人入りしNPB復帰を果たす。復帰初年の2017年は打率.315、18本塁打、77打点を挙げた。

【阪神】
○マット・マートン外野手
 記憶に残る言動やプレーの多かったマートンは2010年から阪神で6年間プレーし、通算832試合に出場した。チームが2位となりクライマックスシリーズに進出した2013年には、キャリアハイの19本塁打、85打点をマークし、打率.314とした。2014年には首位打者のタイトルも獲得している。

○クレイグ・ブラゼル内野手
 2009年に西武から移籍したブラゼルは、2010年には143試合に出場し47本塁打、117打点、打率.296を記録してベストナインに選出された。2013年から2年間ロッテでもプレーした。

○マウロ・ゴメス内野手
 2014~16年に阪神に所属し、3年間で通算65本塁打を放った。初年度の2014年には109打点を稼ぎ打点王のタイトルを獲得、ベストナインにも選出された。

1/3ページ

最終更新:2019/12/13(金) 17:20
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事