ここから本文です

“親友”が語るイブラの思い出とは?…来日したマクスウェルにポルトガル語で聞いてみた!

2019/12/13(金) 13:49配信

SOCCER KING

 元ブラジル代表の左SBマクスウェルはヨーロッパ有数の名門クラブを渡り歩いてきた。アヤックスに始まる欧州キャリアはインテル、バルセロナ、パリ・サンジェルマン(PSG)と続き、2017年に現役を引退。現在はPSGの親善大使としてクラブのPR活動に尽力している。

 彼を語る上で欠かせない選手がいる。ズラタン・イブラヒモヴィッチだ。同じクラブでプレーした2人は“親友”同士で、マクスウェルが引退する際には「友だちでいてくれて、ありがとう。 #maxwell」とメッセージを送ったことでも有名だ。



 11月には2度目の来日を果たしたマクスウェルにインタビューする機会をいただいた。すると、イブラヒモヴィッチとのエピソードはもちろん、OBとして見守るPSG、さらにチームの悲願ともいえる「CL優勝」についても語ってくれた。

インタビュー=三島大輔

――それでは よろしくお願いします。

「よろしくお願いします」

――ポルトガル語でインタビューさせていただきます。バルセロナに在籍していた2011年に来日してますよね?

「はい」

――来日は2回目ですか?

「そうだね」

――日本はいかがですか?

「とても素晴らしい印象を抱いている。日本という国はよく組織されているし、街はとても美しい。日本の人々は教養もあり、とても親切。今回が2回目の来日だけど、相変わらず街は美しいよ。そして今回、PSGの一員として来日できたことを誇りに思う。すでに日本を満喫しているんだ」

――到着したのは昨日ですか?

「昨日到着したよ」

――昨日は何をされましたか?

「昨日は東京の街を観光したよ。東京タワー、お寺、魚市場、それから劇場も訪れた。東京をよく知ることができた。それから寿司と刺身もたくさん食べたんだ。そして今日はPSGの仕事をする。とても暖かく迎え入れてくれた日本に感謝しているよ」

――疲れはないですか?

「まだ時差ボケがあるね。日本とブラジルでは全然違うからね。けど、今回の来日を楽しんでいるし、新たな文化も体験してみたい。それから日本の熱心なPSGファンとの交流も楽しみだよ。疲れよりも楽しみの方が大きいんだ」

――改めて、来日した理由は何ですか?

「PSGの特別なイベントのために来日したんだ。PSGのファン層も世界中で拡大し、いま大きな成長を遂げている。今回はPSGの親善大使として、世界の中でも重要な日本という国にやってきた。今回の来日を通じて日本の皆さんにPSGの魅力を伝えていきたい。日本では2店舗目の公式ストア『PARIS SAINT-GERMAIN STORE SHIBUYA PARCO』の開店をお祝いしているし、成功することを願っている。来日できてとても光栄だよ」

――今のお仕事についてもう少し教えてください。

「現役選手を引退し、その後はPSGのスポーツコーディネーターを務めた。今はPSGの親善大使として、今回のような公式ストアの開店イベントやサッカースクールを訪問したりしている。PSGの一員として世界中のファンたちと交流をしているよ」

――今の拠点はどこですか?

「今はブラジルに住んでいるよ」

1/2ページ

最終更新:2019/12/13(金) 13:49
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事