ここから本文です

C・ロナウドが臨む古巣戦の舞台「レアルとはCL決勝で当たりたい」

2019/12/13(金) 18:39配信

ゲキサカ

 ユベントスに所属するFWクリスティアーノ・ロナウドは、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝の舞台で古巣レアル・マドリーと対戦することを希望した。スペイン『マルカ』が伝えている。

 古巣であるレアルは2位通過となったため、ユベントスとラウンド16で対戦する可能性が浮上している。「レアルは飛び抜けているチームだが、僕としてはもっと後になってから戦いたいね」と『スカイ』に語ったC・ロナウドは「おそらく決勝だね。あの舞台で戦いたいと思っている」と決勝の舞台で対戦することに意欲を示した。

「僕らはとても楽しんでいる。ディバラとイグアインとはお互いに通じ合っている。すばらしいね。決定するのは監督であり、僕たちがそれをリスペクトしなければならないのは明らかだ。だけど一緒にプレーしているとすごく楽しいという事実を隠すことはできない」

 C・ロナウドは自身の好調ぶりについても言及し、「僕の調子はずっと良くなっている。かつて抱えていた痛みは過去のものだよ。ここ数週間、膝の痛みを抱えていたけど、いまは大丈夫だ。チームの調子も良い。すべてが良くなってきている」と強調した。

 なお、決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選は16日に行われる。

最終更新:2019/12/13(金) 18:39
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事