ここから本文です

前回E-1は第2戦で負傷離脱…MF大島僚太「喜びと責任を噛みしめて」

2019/12/13(金) 23:01配信

ゲキサカ

 日本代表MF大島僚太(川崎F)にとっては2度目のE-1選手権。前回大会では第2戦・中国戦の前半に負傷交代という悔しい記憶もよぎる中、タイトル獲得に向けた意気込みを示した。

「一つは怪我なく練習と試合をできればというところ。また前回は(最終戦の韓国戦に)負けてタイトルを取れなかったので、今回タイトルを取るというのは監督も最初に掲げているところ。シーズンとしてはオフではあるけど、(サッカーが)できる喜びと責任を噛みしめてピッチで全員で表現できれば」。

 同年代が多かった前回大会とは対照的に、今回はDF佐々木翔(広島)、MF仲川輝人(横浜FM)に続く3番目の年長選手という立場。それでも「思っていることをピッチで話すことはいつもと変わらない」といい、試合に向けても「出たら頑張ろうという気持ちでしかない」と表情を崩さない。

 そんな大島は中国との第1戦を「自分が出たら……というよりは普通に応援しながら」見ていた様子。一方で「チームとしての反省もあったので。僕自身このシステムはあまりやったことがないし、ああこういう反省だったんだという自分が思うところとのすり合わせはした」とプレービジョンは徐々に鮮やかになっているようだ。

 これまでのフォーメーション練習から察する限り、ダブルボランチを組むのは同僚のMF田中碧(川崎F)。「一緒に出ることになれば、分かり合えている部分もあると思う。ただ、2人だけでもないので、いろんな人ともコミュニケーションを取ってやりたい」。川崎Fでのスタイルを持ち込むだけでなく、A代表仕様のプレーを見せていく構えだ。

最終更新:2019/12/13(金) 23:01
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事