ここから本文です

【ターコイズS】ゴール前は白熱した攻防に/コース解説

2019/12/14(土) 6:40配信

netkeiba.com

 14日に中山競馬場で行われるターコイズS(3歳上・牝・GIII・芝1600m)の舞台となる中山芝1600m。このコースについて解説していく。

【写真】シゲルピンクダイヤこれまでの軌跡

 なお、中山競馬場の芝コースは内回りと外回りがあるが、芝1600mは外回りを使用する。

 1コーナー横のポケットからのスタート。初角となる2コーナーまでは240mほどしかない。そのため、物理的に外枠のロスの大きなコースとして知られている。

 日本一となる高低差5.3mを誇る中山競馬場の最頂部からスタートを切り、2コーナー出口からバックストレッチにかけて4mほど下り、3コーナー中間地点から4コーナーはぼぼ平坦になる。最後の直線は310mで、残り180mから残り70mの地点に高低差2.2mの急坂が待ち構えている。

 スタートから下り坂になるコースレイアウトのため、ペースは比較的速くなりやすい。最後の急坂もあいまって、310mと直線は短いながらもゴール前は白熱した攻防が繰り広げられる。

 外枠不利のコースとして知られているが、近年は外からの差しも届きやすくなっている。

 ターコイズSは5回中山の5日目。5回中山は全9日ともAコースを使用する。4回開催は前5日はBコース、後4日はCコースを使用していたため、夏場から温存されてきたAコースが開放された形だ。実際に今開催の馬場コンディションは良好で、先週の競馬も内有利の傾向が強く、日曜12Rの芝1600m戦(2勝クラス)も2→3→5→1→6と6番よりも内の馬番が上位を独占した。近年は外からの差しが届きやすいと書いたものの、先週の傾向が続くようであれば、内枠の方がベターだろう。

 京成杯オータムハンデが行われた4回開催は野芝のみだったのに対し、この5回開催はオーバーシードで行われる。同じ条件ながら芝質が異なっていることは頭に入れておくべきだろう。

最終更新:2019/12/14(土) 6:40
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事