ここから本文です

ランボルギーニ ウラカン、空港で航空機を誘導…ボローニャ

2019/12/14(土) 15:00配信

レスポンス

ランボルギーニは12月10日、『ウラカン』(Lamborghini Huracan)がイタリアのボローニャ・ボルゴ・パニゴーレ国際空港において、航空機の誘導車に起用された、と発表した。ボローニャ空港では近年、誘導車にランボルギーニが使用されている。

画像:ランボルギーニ・ウラカンのイタリア空港の航空機誘導車

このウラカンは、2WD(後輪駆動)の「ウラカンRWD」だ。5.2 リットルのV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンをミッドシップに搭載する。最大出力は580hp/8000rpm、最大トルクは55.1kgm/6500rpmを引き出す。0~100km/h加速は3.4秒、0~200km/h加速は10.1秒、最高速320km/hのパフォーマンスを備えている。

このウラカンRWDが、イタリアのボローニャ・ボルゴ・パニゴーレ空港において、航空機の誘導車に起用された。ランボルギーニのデザイン部門の「チェントロ・スティーレ」が手がけた特別なカラーリングを採用している。

オレンジのボディには、空港作業車と同じグラフィックを採用した。ドア、ルーフ、フロントバンパーのエアダクト、リアには、イタリア国旗のグリーン、ホワイト、レッドの3色があしらわれる。

さらに、ルーフには、オレンジ色のライトバーが装備された。無線システムは、常に空港の管制塔に接続されている。「FOLLOW ME」のデカールも特長だ。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:2019/12/15(日) 1:32
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ