ここから本文です

<清原果耶>“大いなる助走”となった2019年 朝ドラヒロインも“射程圏内”?

2019/12/14(土) 17:40配信

MANTANWEB

 12月14日に最終回を迎える生田斗真さん主演の連続ドラマ「俺の話は長い」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演中の清原果耶さん。今年は1月にヒロインを務めた映画「愛唄 -約束のナクヒト-」「デイアンドナイト」が連続公開。またソフトバンクやコーセー「雪肌精」のCMに新たに起用されたほか、7月から9月にかけては、“100作目の朝ドラ”として注目を集めた連続テレビ小説「なつぞら」、時代劇「螢草 菜々の剣」、特集ドラマ「マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~」といったNHKの作品に次々と起用され、その演技が高く評価された。以前から、清原さんを「未来の朝ドラヒロイン」に推すドラマファンも数多くいたが、彼女自身にとって2019年は次なる大役に向け“大いなる助走”となったのではないだろうか。

【写真特集】清原果耶 デビュー前の貴重な姿… 美少女すぎる12歳!

 ◇「なつぞら」で4年ぶりに朝ドラに帰還すると…

 清原さんは2002年1月30日生まれ、大阪府出身の17歳。女優デビューは2015年度後期の朝ドラ「あさが来た」で、同作以降も数々のドラマや映画に出演し、順調に活躍の場を広げると、初主演作となったNHK連続ドラマ「透明なゆりかご」(2018年)では、小さな町の産婦人科医院で「命」を見つめる看護師見習い・アオイ役に挑戦。主人公の「命」への祈りにも似た思い、気持ちの揺れ具合を繊細に表現するだけにとどまらず、物語にとって非常に重要なモノローグでは「語り」という才能も発揮し、高い評価を得た。

 そんな清原さんの2019年の活躍を語る上で、絶対に外すことのできないのが、今年4~9月にNHKで放送された「なつぞら」だ。女優デビュー作「あさが来た」以来、4年ぶりに朝ドラに帰還を果たすと、ヒロイン・なつ(広瀬すずさん)の“生き別れの妹”千遥(ちはる)という、物語の重要な役どころを担った。

 清原さんは千遥として、7月1日放送の第79回で初登場すると、確かな演技力に裏打ちされた“吸引力”を随所に発揮。彼女の「見る人を引き込む芝居」に魅了された視聴者が続出し、7月4日放送の第82回から翌5日放送の第83回にかけて、(一度は)姿を消した千遥=清原さんの退場を惜しむ声と、再登場を熱望する声が視聴者から次々と上がった。

1/2ページ

最終更新:2019/12/14(土) 17:40
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事