ここから本文です

東京バレエ団「くるみ割り人形」開幕に演出・振付の斎藤友佳理「心から感謝」

2019/12/14(土) 10:57配信

ステージナタリー

東京バレエ団「くるみ割り人形」が、昨日12月13日に東京・東京文化会館で開幕した。

【写真】東京バレエ団「くるみ割り人形」全2幕 新制作より、左から川島麻実子、柄本弾。(メディアギャラリー他1件)

東京バレエ団では、1972年の初演以来「くるみ割り人形」の上演を重ねてきた。同バレエ団では創立55周年を機に本作の新制作に取り組んでおり、芸術監督の斎藤友佳理の総指揮のもと、装置と衣装をロシアで製作し、演出・振付をリニューアルする。出演者には、マーシャ役の川島麻実子、沖香菜子、秋山瑛、王子役の柄本弾、秋元康臣、宮川新大が名を連ねた。

初日を終えた斎藤は「この舞台に携わってくれた誰一人欠けても、今日の公演は実現できませんでした。作品に関わってくれた全ての方に心から感謝しています」とコメント。東京公演は12月15日まで行われ、その後22日に京都・ロームシアター京都、24日に神奈川・横須賀芸術劇場で上演される。

■ 東京バレエ団「くるみ割り人形」全2幕 新制作
2019年12月13日(金)~15日(日)
東京都 東京文化会館

2019年12月22日(日)
京都府 ロームシアター京都

2019年12月24日(火)
神奈川県 横須賀芸術劇場

音楽:ピョートル・チャイコフスキー
台本:マリウス・プティパ(E.T.Aホフマンの童話に基づく)
改訂演出・振付:斎藤友佳理(レフ・イワーノフ及びワシーリー・ワイノーネンに基づく)

□ キャスト
マーシャ:川島麻実子 / 沖香菜子 / 秋山瑛
王子:柄本弾 / 秋元康臣 / 宮川新大

※出演者は変更の可能性あり。

最終更新:2019/12/14(土) 10:57
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事