ここから本文です

トリプルカメラもしっかり守る! Spigenの「iPhone 11 Pro Max」ケース4種を試す

2019/12/14(土) 9:05配信

ITmedia Mobile

 iPhone 11シリーズの最上位機種「iPhone 11 Max Pro」は、Apple Storeの直販価格でも13万1780円からと、現行のスマートフォンの中でも高価な部類に入る。それだけに、破損防止の観点からスマホケースに入れて使うことを検討する人も少なくないだろう。

タフ・アーマー(ガンメタル)を装着

 そこで、この記事ではSpigen(シュピゲン)から発売されているiPhone 11 Pro Max用ケース4種類を試してみる。ケース選びの参考になれば幸いだ。

(記事中の価格は全て12月13日現在の税込み)

リキッド・クリスタル(クリスタル・クリア)

 「リキッド・クリスタル(Liquid Crystal)」は、TPU(熱可塑性ポリウレタン)素材で作られたクリアケース。Spigenの各種ケースの中では一番手頃なものの1つで、Amazon.co.jpでは1393円(最安値)で販売中だ。

 このケースには無色透明な「クリスタル・クリア」と、透明ながら少し黒みがかった「スペース・クリスタル」の2色があるが、今回は前者を試着した。

 スマホにクリアケースを装着する場合、背面によく「にじみ」が発生することがある。それを抑制するため、このケースでは本体背面に当たる部分に極小のドット(突起)を起こしている。

 また、Spigenの一部ケースではおなじみの「エアクッションテクノロジー」もしっかり適用されている。ケース内側の四隅に空洞を作ることで、角から落下した場合の衝撃をしっかりと吸収してくれる。

 ボタン部分のフィット感もバッチリで、Lightning端子やスピーカーの周囲、ボリュームスイッチ部分の切り欠きも適切に入っている。カメラ部分のiPhone 11 Pro Maxのデザインをしっかり楽しみたい人におすすめのケースだ。

ウルトラ・ハイブリッド(クリスタル・クリア)

 「ウルトラ・ハイブリッド(Ultra Hybrid)」は、側面はTPU素材のバンパー、側面はポリカーボネート素材のパネルでできている、いわゆる「ハイブリッドケース」だ。価格は先述のリキッド・クリスタルより少し高めで、Amazon.co.jpでは1647円(最安値)で販売されている。

 このケースはバンパー部分のカラーによって「クリスタル・クリア」「ローズ・クリスタル」「マット・ブラック」「ミッドナイト・グリーン」の4モデルが用意されている。今回はバンパーも無色透明なクリスタル・クリアを試着した。

 リキッド・クリスタルとの違いは、ハイブリッドケースになったことによる耐衝撃性のさらなる向上にある。米国防総省が定める物質調達規格「MIL-STD 810G-516.6(MIL規格)」に準拠した耐落下試験に合格するほどだ。

 背面パネルは透明度が高いので、本体のデザインを楽しむだけではなく、ケースと本体のすき間に写真などを入れて楽しむ際にもピッタリだ。従来のリキッド・クリスタルでは、このパネルを保護するフィルムをはがすのに若干苦労を要したが、筆者が試用した個体では、以前よりもはがしやすくなっていた。良いことである。

1/2ページ

最終更新:1/9(木) 16:48
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事