ここから本文です

Windows 10を買うと肉カード、SSDだと寺院巡りが当たる?――謎コラボキャンペーンが続々登場するアキバ

2019/12/14(土) 6:05配信

ITmedia PC USER

 Digital DIY 運営事務局が実施している「窓辺ななみ卒業キャンペーン」が、アキバの多くのPCパーツショップで展開されている。12月1日にスタートしており、期限はWindows 7の延長サポートが切れる2020年1月14日までだ。対象店舗でWindows 10搭載PCやDSP版 Windows 10を購入したユーザーを対象に、窓辺ななみグッズや「ななみからの卒業旅行(HIS旅行券7万7000円分)」、「卒業記念に素敵なディナーを!(いきなり!ステーキ 肉マネーギフトカード5000円分)」などが抽選で当たる。

【写真】エレコムの人気トラックボール「Relacon」が在庫復活

メーカーの思惑が見えてきますね――年末年始の大型キャンペーン

 Windows 7の延長サポート終了に伴う動きについて、ドスパラ秋葉原本店は「じわじわですね。前々から告知していたこともありますし、Windows XPのときのような混乱は起きないと思います」と話していた。

 また、TSUKUMO eX.では、ウエスタンデジタルのキャンペーンが12月14日から2つ始まっている。同社のHDDとSSDを同時購入したユーザーを対象に、ロゴ入りブラザーモカフェマグカップをプレゼントする「冬の感謝祭!」(1月13日まで)と、合計4TB以上の同社製SSDを購入すると金閣寺や東大寺といった“日本4大寺”が回れるJTB旅行券5万円分などが当たる「風情ありあり 4寺(テラ)キャンペーン」(応募期間は2月29日まで)だ。

 同店は「購入条件から大容量SSDの購入を促したい、それでいてHDDも買ってほしい、という同社の思惑が見えてきますね。ユーザーさんが望む強化ポイントと合致するのなら、乗るのは面白いと思いますよ」と興味深そうだった。

 その他、アスクはSapphire製Radeon搭載グラフィックスカードを購入してレビューを投稿した先着100名に、特製USBメモリをプレゼントする企画を実施中(購入は1月13日まで、投稿は1月20日まで)だ。さらにパソコン工房 秋葉原BUYMORE店では、12月14日限定でCrucialとコラボした「店頭ガラポン抽選会」を実施する。

 冬のボーナスシーズンも重なるこの季節は、普段以上にパーツの購入機会が増える人も多いはず。せっかく買い物するなら、(メーカーの思惑を勘案しつつ)キャンペーンに乗るのも手だ。

 次のページでは、人気モデルの在庫復活や大台割り込んだメモリーカードを見ていく。

1/2ページ

最終更新:2019/12/14(土) 6:05
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事