ここから本文です

インディアンス「泣くのは優勝してから」M-1決勝でみんな巻き込みたい

2019/12/14(土) 17:00配信

お笑いナタリー

ABCテレビ・テレビ朝日系で12月22日(日)に生放送される漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」。そのファイナリスト9組の中から、本日はインディアンスのコメントを紹介する。

【写真】「M-1グランプリ2019」ロゴ(メディアギャラリー他1件)

インディアンスは初の決勝進出。彼らのほか、からし蓮根、ミルクボーイ、ぺこぱ、オズワルド、すゑひろがりず、ニューヨーク、見取り図、かまいたちが決勝に登場する。この9組に敗者復活1組を加えた10組の中から第15代王者の座に輝くのはどのコンビなのか。

■ インディアンス コメント
──決勝進出を決めたお気持ちを聞かせてください。

きむ:すごく幸せです。「あの(M-1の)舞台で漫才したいな」と2人でずっと言っていたので、夢って叶うんやなって。やってきてよかった。報われました。

田渕:寝ている間に見るほうの夢じゃなくあってくれ! 絶対に現実であれ、夢オチやったらホンマにキレんで!と。準決勝はめっちゃ越えたいけど越えられない壁だったので、越えられたことがまずシンプルにうれしくて。「もうええか」と投げ出しそうにもなりながら、「いや、やっぱりこの壁を越えたい!」とやってきた1年だったので。月並みですけどホンマにめっちゃくちゃうれしいです。発表の瞬間は、きむは言葉にならずにめっちゃ泣いていましたけど、僕は絶対に泣かんとこうと思っていました。泣くのは優勝してからと決めてます。

──自分たちの強み、持ち味はどこだと思いますか?

きむ:誰よりも楽しんで漫才をできているコンビだと思います。年齢も違うし、元々友達だったわけでもないんですが、漫才をやっているときは昔からの友達のように楽しい。僕たちが楽しんでいるときは、お客さんもすごく笑ってくれていることが多いんです。

田渕:「巻き込む力」というか、初見の方でも僕らの空気に取り込んでしまうというのは意識しているし、僕らの武器です。決勝でもその場のお客さん、審査員を普段通りに巻き込めればいけるんじゃないかと。正直、初めて見た方には勢いに驚かれることもあって。でもそこから徐々にハマっていって、毎回のようにライブに来てくれるお客さんもいる。決勝は4分という限られた時間なので、その4分でみんな巻き込んでしまおうと思っています。

──ほかのファイナリストの中で意識しているコンビは?

きむ:大阪でずっと一緒にやってきた見取り図さん。大阪時代、ネタ以外の平場でもずっと面白くて「あ、この人には勝てないな」と思ったのが盛山さんなんです。その見取り図さんと一緒に「M-1」決勝という大舞台で漫才ができるのはものすごくうれしいです。

田渕:ミルクボーイさんが昔から大好きで。ネタの形は昔から変えていないのにも関わらず、去年今年で集大成的なネタを作りよったんです、あの人らは! 仕上がっているミルクさんに勝ちたい!

──敗者復活で勝ち上がってきたら脅威になると感じるコンビはどこですか?

きむ:僕はミキさん。僕らは一度解散しているんですが、解散していた間に昴生さんとたぶっちゃんがコンビを組んでいたんです。それを解散してインディアンスを再結成したんですが、その後に昴生さんが組んだミキが先に決勝に行って、僕としては歯がゆかった。だから同じ舞台で戦って勝ちたいです。

田渕:和牛さんですね。「M-1」の決勝で和牛さんと戦いたいとずっと思っていたので。和牛さんが面白いというのは認知されているわけで、敗者復活で上がってきたら勢いもついてすごいことになりますよね。上がってこられたら怖いけど、そんな強い和牛さんと戦いたい。ファイナリスト発表の後、和牛の水田さんがすぐに握手しに来てくれたんです。あれはうれしかった。泣きそうになったのでヤバい!と必死で耐えました。

──優勝賞金1000万円の使い道は?

きむ:オカンとオトンにいい思いをさせてあげたいです。家のリフォームとか。

田渕:実家が写真屋で、親父がカメラマンなんです。もう第一線は退いているんですが、今も写真が好きで、何年か前に約束してもうたんです。「M-1で優勝したら、親父が欲しがっていた100万円以上するカメラのレンズを買うたる」って。「そんなんどうせムリやろ」的な感じやって、「いや、絶対買うたる!」って言うてもうたから、買わなアカンっぽい……。買わなアカンっぽーい。意地でもお金渡さなアカンっぽーい!

きむ:ぽーい!ってなんやねん。買うたらええがな!

──「M-1」で勝ち上がるために特に取り組んできたことがあれば教えてください

田渕:今まで、お客さんにも周りの芸人にも「面白かったしウケてたけど、今日どんなネタやってたっけ?」「笑ったけど、内容覚えてない」とずっと言われていたんです。それって「M-1」においてよくないと思ってはいたんですが、どうしたらいいのかわからなくて……。なので、ネタの作り方自体は変えていないんですが、「タイトルが付けられるネタにしよう」と今年1年意識してきました。中身を覚えてもらえる、タイトルからネタのことを思い出してもらえるようなつくり。そこが去年までと大きく違いますね。

きむ:以前は「M-1」はこういうネタがいい、みたく思い込んでいた時期があったんです。でも、そんなことは考えずにいつもどおりやることが大事やなと。たぶっちゃんと楽しく漫才をすることだけ心がけるようにしました。

田渕:細かいところで言うと、僕らのネタはずっと同じテンポだったので、少し崩すところを入れるようにしました。それも、先輩方から「ちょっと変えるだけで、だいぶ変化があると思うで」と言われていたので。間の使い方や強弱は意識しましたね。

──決勝へ向けて意気込みを!

きむ:決勝の大舞台で、お客さんのみならず審査員も巻き込んで、絶対優勝したいです。

田渕:優勝して、霜降り明星の倍泣きます! 泣きすぎて痩せます!

■ M-1グランプリ2019
ABCテレビ・テレビ朝日系 2019年12月22日(日)18:34~22:10
<出演者>
MC:今田耕司 / 上戸彩
からし蓮根 / ミルクボーイ / ぺこぱ / オズワルド / すゑひろがりず / ニューヨーク / インディアンス / 見取り図 / かまいたち
審査員:オール巨人 / 上沼恵美子 / 立川志らく / サンドウィッチマン富澤 / ナイツ塙 / 松本人志 / 中川家・礼二
M-1リポーター:麒麟・川島
霜降り明星
ほか

■ M-1グランプリ2019 敗者復活戦
ABCテレビ・テレビ朝日系 2019年12月22日(日)13:55~16:25
<出演者>
MC:陣内智則
アインシュタイン / マヂカルラブリー / ダイタク / くらげ / セルライトスパ / ラランド / 天竺鼠 / 錦鯉 / カミナリ / 東京ホテイソン / ロングコートダディ / 四千頭身 / ミキ / 囲碁将棋 / トム・ブラウン / 和牛

最終更新:2019/12/14(土) 17:00
お笑いナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事