ここから本文です

今田耕司 所得隠しで休養のチュート徳井に“囲む会”の銀座すし店支払いさせていた

2019/12/14(土) 13:17配信

デイリースポーツ

 タレント・今田耕司(53)が14日放送の読売テレビ「特盛!よしもと」に出演し、多額の申告漏れと所得隠しで活動を休止しているチュートリアル・徳井義実(44)を“囲む会”を開催したことに触れた。

【写真】徳井、指原と同じベッドで…相方・福田の妻をベタボメ

 当日の徳井については「ちょっと痩せてて無精ひげ生やして、ただかっこよくなった。店のエレベーターで一緒になって、変装もせず、グリーンのコート着て、かっこええやつおんな、徳井やないか!と」と振り返った。

 “囲む会”を開催した経緯については「何カ月かに一回、予約するおすし屋さんがあって。徳井を誘ったら『行けます』と。又吉(直樹)と(千鳥の)大悟も空いてたので」と説明。しかし、そこでとんでもない事態が発生していた。

 今田は「俺が財布忘れてカードも全部なくて」と財布を持たず店に到着したという。大悟に支払いを頼もうかと思案したが「なかなかのおすし屋さんやから、大悟はお金ないやろうから。そう言ってたら、徳井が『僕ありますよ』と。銀座のおすし屋さんやったんやけど、無職のやつに払わせた。で、後日振り込んだ」と仰天の内容を明かした。

 ゲストのほんこんは「徳井は口座ないんちゃうん?止められたって」と、大きな金額を自由に使えるお金を持っていないのではと推察。しかし今田は「(止められているのは)会社のやつちゃう?さすがに無一文やないで。あんだけ仕事して。俺もカードあるやん、と(支払いの時に)思った」と、徳井の支払いについて言及。

 そして支払いギリギリまで「いや、あかんあかんって言ったけど、徳井が『散々今までごちそうになってるんで払わしてもらいます』って。囲む会に連れてきて、あかん、無職の人間に払わせるわけちゃうって」とモメながらも、結局支払いは徳井がしたことを回顧していた。

最終更新:2019/12/14(土) 15:30
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事