ここから本文です

“特濃ソース顔”が長所の阿部寛と北村一輝、対称的なポジションでシーンをけん引する苦労人50代

2019/12/14(土) 8:10配信

オリコン

 映画が銀幕と呼ばれた頃、スターは「ソース顔」が多かった。だが80年代頃から中性的で「塩顔」「しょうゆ顔」が主流になり現在に至るが、そんななか今期ドラマシーンで異彩を放っているのが『スカーレット』『ニッポンノワール』の北村一輝と『まだ結婚できない男』の阿部寛だ。2人に共通するのは50代、そして映画『テルマエ・ロマエ』でともにローマ人を演じたほどの「特濃ソース顔」。2人は俳優としてのタイプは正反対。双極のポジションながら、エンタテインメントシーンのど真ん中を盛り上げている。そんな2人の軌跡を振り返りつつ、現代における50代俳優の需要を考える。

【写真】阿部寛とパグ犬・タツオの『まだ結婚できない男』絶妙な名コンビぶり

■話題になりながらも対象的な評価 両輪で今期ドラマシーンを盛り上げる

 13年の時を経て帰ってきた『まだ結婚できない男』。阿部寛演じる桑野信介もリアルタイムで年齢を重ねた53歳であり、その偏屈さは健在。恒例の1人グルメについては、前作では肉厚のステーキなどを食べていたのが今回はしゃぶしゃぶなど、多少の経年変化が。周囲の人々への一向に伝わらない親切心や、親への不器用な愛情表現にもほろりとさせられる。特筆すべきは桑野の奇行。直近では稲森いずみ演じる由希江とのもんじゃデートで見せたコテさばきがSNSで話題に。「桑野さんのコテさばき、速すぎにもほどがある」「もんじゃを魅せる男・阿部寛」などお祭り騒ぎになっており、その一挙手一投足が視聴者を笑わせた。

 一方、北村一輝は今期ドラマ2作で傷跡を。朝ドラ『スカーレット』では、従来の憎めない朝ドラ父とは似て非なる、憎めてもしまう父・常治役。山っ気があり、見栄を張りがちですぐに酒を振る舞い、困った人は見捨てておけない。だが、彼が怒る際にはその裏側に深い愛情があり、視聴者は「いい加減にしろ!」と思いながらも、12日放送回では八郎(松下洸平)と常治のやりとりで爆笑&ほろり。SNSでは「クソ親父に泣かされてしまった…」など感動の声が多く挙がった。

『ニッポンノワール』では、警察組織の黒幕に対峙するアウトローっぽくも正義感のある熱い捜査一課長役。切れると必ず机を蹴り、座ると必ずのけぞって足を組むお約束も映えており、「南部(北村)いつも格好いい」などの声が多数挙がるほか、「朝ドラとニッポンノワールの北村一輝のギャップに笑える」という声などが挙がっている。

1/3ページ

最終更新:2019/12/16(月) 19:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ