ここから本文です

フリマアプリで利益が100円以下でも売る人はどれくらいいるの?

2019/12/14(土) 12:22配信

ファイナンシャルフィールド

身の回りの不用品、12月の大掃除で捨てる前にちょっと待った!フリマアプリで売れるかもしれませんよ。フリマアプリで捨てようとしているものを検索して、売れている実績があれば、売れる可能性があります。出品するのはタダなので、一度出品してみませんか?

少額でも売れるといいですが、写真を撮って、売れたら梱包して発送するのは結構面倒です。そこまで手間をかけても、手数料を引かれて手に入るのは数十円。

出品する意味はあるのかと思う人もいるかもしれません。しかし、100円や200円で出品している人は結構いますよね。この人たちはどういう意識でフリマアプリを利用しているのでしょう。

メルカリ総合研究所は、こんなにフリマアプリ市場が成長した背景には「金銭的な利益を得ること」以外にもいろんな利用目的があるのでは、という仮説をたて、「100円以下の利益でフリマアプリに出品する利用者」515名、「最低1000円以上の利益を見込んで商品を出品するフリマアプリ利用者」515名(合計1030名)を対象に調査を実施しました(※)。

フリマアプリ出品者の2割が3回に1回以上100円以下の利益で出品。理由は「捨てるのがもったいないから」

フリマアプリに出品している利用者の22.0%が、「3回に1回以上」の頻度で、“100円以下の利益でフリマアプリに出品をしている”と回答しました。この人たちを「少額取引利用者」とします。少額取引利用者の男女比は、男性は36.7%、女性は63.3%で、女性の方が少額での取引をしている人が多いことがわかりました。

少額取引利用者のフリマアプリ利用目的TOP3は、1位「不要品を処分するため(73.6%)」、2位「捨てることがもったいないため(62.3%)」、3位「お金を得るため(59.2%)」となりました。高額取引利用者と比べ「捨てることがもったいないため」という回答が多く、15.7%の意識の差がありました。

少額取引利用者が、商品が売れた時に「嬉しい・楽しい」と思う理由1位は、「使えるモノを捨てる罪悪感がなくなるから(63.6%)」でした。高額取引利用者と比べて、23.9%多い回答となりました。

やはり、少額でも出品する理由は、お金を稼ぐというより、まだ使えるという環境への配慮や、大切にしていたものだから捨てたくないという気持ちが大きいようです。

1/2ページ

最終更新:2019/12/14(土) 12:22
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事