ここから本文です

あの“伝説のクソゲー”がキングコング 西野亮廣主演でまさかの舞台化!『たけしの挑戦状 ビヨンド』

2019/12/14(土) 12:15配信

ニッポン放送

~主演:キングコング 西野亮廣 × 脚本・演出:ヨーロッパ企画 上田 誠~舞台『たけしの挑戦状 ビヨンド』 第一弾キャスト発表!

ビートたけし監修の伝説のゲームソフト「たけしの挑戦状」がキングコング・西野亮廣を主演に、ヨーロッパ企画・上田誠の脚本・演出によって舞台化されることが決定した。

原案となる「たけしの挑戦状」は1986年にビートたけしが監修し、ファミコン用に発売されたゲームソフトで、主人公のサラリーマンが財宝を求め、南の島を目指すアクションアドベンチャーゲームです。当時のパッケージには「常識があぶない」と書かれており、その言葉通りこれまでのゲームの常識を超えた難解な仕掛けの数々が話題となった。あまりの難しさと独特な世界観に「クソゲー」と称され、動画サイトにはプレイ動画が数多く投稿されているほどゲームファンを魅了する伝説のゲーム作品。

今回この“伝説のクソゲー”舞台化にあたり、芸人、絵本作家などさまざまな肩書を持ち、主宰するオンラインサロンの会員は3万人以上の人気を誇り幅広い世代に支持されているキングコング・西野亮廣が舞台初主演を務める。

共演は、映画「銀魂」シリーズなどで個性的な演技に定評があり、昨年上演した上田誠脚本・演出の舞台「続・時をかける少女」にも出演した戸塚純貴、舞台「けものフレンズ」や舞台「ナナマル サンバツ」などの人気作品に出演している他、ドラマ「ハイポジ」ではヒロインに抜擢されるなど最近の活躍がめざましい乃木坂46・鈴木絢音といった注目の若手に、「アンナチュラル」や「重版出来!」などの人気ドラマに出演する他、根本宗子や岩井秀人など様々な演出家の舞台に出演している今井隆文、そして石田剛太、諏訪 雅、土佐和成のヨーロッパ企画メンバー3名の実力と個性にあふれたキャストが揃った。

脚本・演出は、昨年創立20周年を迎えた京都を拠点に活動する人気劇団「ヨーロッパ企画」の代表で、テレビや映画、アニメなど舞台以外でも多くの作品を手掛けている上田誠が担当する。

公演公式サイトでは、舞台の情報解禁と同時に、西野亮廣×上田誠の対談の様子を動画でチェックできる。また、東京・大阪公演のチケット先行予約の受付も同時にスタート。(申込みは12月22日まで)

発売から30年以上経った今も伝説として語り継がれる「たけしの挑戦状」。

今あらためてその挑戦状に向き合い演劇界から“現代”に新たな一石が投じられる。

1/3ページ

最終更新:2019/12/14(土) 12:15
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事