ここから本文です

今やカーライフの必需品!車内スマホグッズ6選

2019/12/14(土) 8:00配信

&GP

3. 電動オートホールド機能でワンタッチでスマホを着脱

カロッツェリア
「スマートフォンクレイドルSDA-SC510」(実勢価格:6680円前後)

パイオニアの人気車載ホルダー「SDA-SC500」の後継機。静電タッチセンサーと赤外線センサーを用いた電動オートホールド機構を搭載し、スマホを載せると自動で左右アームが閉じる。本体左下にはタッチセンサーがあり、指先で触れればアームが開く。動作もスムーズで静かだ。スマホ(対応機種)を置いている間は「Qi」によるワイヤレス充電が行える。落ち着いたデザインも◎。

車両への装着は付属の吸盤を備えたアーム型のスタンドか、エアコン取り付け型のクリップを使用。電源はシガーライターソケットから取得できるが、キャパシター内蔵でエンジンを切ってもスマホの取り外しが可能だ。

4. シリコン素材の“滑り止めパッド”を採用

カロッツェリア
「車載用ワイヤレス 充電パッド SDA-CP300」(予想実勢価格:5500円前後 12月発売予定)

センターコンソールなどに設置し、スマホ(対応機種)を置くだけで充電ができるパッド。最大15Wの急速充電が可能なワイヤレス充電規格「Qi」に対応しており、ケーブルを抜き差しする手間から解放される。パッドの部分には高出力コイルを3個内蔵しており、エリア内のどこに置いても充電が可能なのが便利。

5. 自動開閉アーム搭載で自由度の高い調整が◎

サンワダイレクト
「スマートフォン用車載ホルダー (200-CAR072)」(実勢価格:4000円前後)

スマホを載せるとアームが自動的に閉まり、側面のセンサーに触れるとアームが開く。スマートな使い心地が特徴のスマホホルダー。しかもワイヤレス充電規格の「Qi」に対応し、スマホ(対応機種)を置くだけで自動的に充電を開始する。

ドリンクホルダー(直径68~90mm、深さ46mm以上)にはめ込んで固定ができ、アームによって自由な角度調整が可能。付属のクリップアタッチメントに付け替えればエアコンふき出し口への装着も行える。

▼併用にオススメ!

「Quick Charge 3.0対応カーチャージャー(200-CAR050)」
(実勢価格:1680円前後)

一般的な5V/1A出力充電時と比較して、約2.2倍早く充電可能な、車載充電器Quick Charge 3.0に対応。USBポートを2ポート搭載している。12V/24V両対応。

2/3ページ

最終更新:2019/12/14(土) 8:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ