ここから本文です

皆のオムライス愛が想像以上!あなたが美味しいと思う「オムライス」こだわりポイントはどこ?

2019/12/14(土) 21:40配信

kufura

洋食の定番、オムライス。シンプルな料理だからこそ、卵の焼き方やソース、加える具材など、自分好みのアレンジがあるのではないでしょうか。そこで、『kufura』では女性438人に「美味しいと思うオムライス」について尋ねました。すると、皆さん予想以上にこだわりを持っていることが判明。気になる結果を早速みてみましょう。

卵は「ふわとろ派」が多数!ふわふわにする方法もさまざま

「卵はとろとろになるように、弱火で慎重に作る。クリーミーで口当たりも良く美味しい」(33歳/その他)

「卵は半熟で巻く。半熟の方が美味しいし、巻いている方がオムライスって感じがするから」(34歳/主婦)

「中身をとろとろに仕上げたオムレツを、チキンライスの上にのせて切り開く。日本橋『たいめいけん』のオムライスが感動的だったので、自宅でも同じように作っています」(39歳/主婦)

「卵白は泡立ててメレンゲ状にして、ふわふわのオムレツにする。メレンゲ状だと、空気が入っている分大きなオムレツに仕上がるので、食べる時にテンションが上がる」(33歳/学生・フリーター)

「卵をふわっふわに仕上げるために、マヨネーズを入れる!」(27歳/その他)

「卵に小麦粉を入れてふわふわにする」(53歳/主婦)

「卵豆腐を混ぜると、ふわふわ感が増す」(39歳/その他)

アンケートに回答いただいた438人中、オムライスの卵の部分に並々ならぬこだわりを持っている人は230人と半数以上を占めました。やはり、オムライスの主役は卵ですね!

なかでも“ふわとろ派”と答えた人は155人と圧倒的多数の支持を得ました。マヨネーズや小麦粉を加えたり、泡立て器を使用したりするなど、ふわふわに仕上げるための方法もさまざまです。

昔ながらの「薄焼き卵で包む派」も根強い人気!

「薄焼きの卵で包む。母が作ってくれていたオムライスだから」(40歳/主婦)

「卵は薄焼きで、ケチャップライスは具沢山。栄養バランスを考えたらそうなった」(42歳/主婦)

「卵は昔ながらの薄焼きに。ふわとろの卵も作ってみたが、加減が難しく定番のものが1番だと気づいた」(54歳/主婦)

「卵は固めに焼いてしっかり巻く。子供が半熟だと嫌がるので」(36歳/デザイン関係)

今回のアンケートでは“ふわとろ派”に押されてしまった感のある“薄焼き卵で包む派”ですが、根強い人気に変わりはありません。昔ながらのオーソドックスなスタイルと素朴な味わいは、懐かしさも相まってホッとする安心感があります。

ちなみに、“ふわとろ派”のコメントの中には「薄焼きだとうまく包めない」という声も散見されたことから、自分で作るのは難しいと感じている人が多いのかも知れませんね。

1/5ページ

最終更新:2019/12/14(土) 21:40
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事