ここから本文です

使用済み油を処分する手間が省けるrecolte(レコルト)「エアーオーブン」

2019/12/14(土) 20:00配信

&GP

300gのかたまり肉を2つ入れても余裕のサイズ

忙しい人々を中心に注目を集めている “ほったらかし調理家電” 。なかでも、油を使わずに揚げ物が作れる「ノンフライ調理家電」は、年々人気が高まっています。このたび登場した調理家電ブランド・recolte(レコルト)の「エアーオーブン」(想定価格:9000円前後)は、「ノンフライ機能」を搭載しているだけでなく、ロースト・グリル・ベイク・温め直しまでできる1台5役のスグレモノ。しかも、この機能で1万円を切る高コスパなんです。

【もっと写真を見る】

油を使わずに揚げ物ができるノンフライ調理機能を搭載している「エアーオーブン」。ノンフライ調理は、高温の熱風で食材を加熱することで揚げ物を作るため、ヘルシーで、使用済み油を処分する手間も省け、エコロジーでもあるなど、メリット尽くめです。

作り方は簡単で、たとえば唐揚げであれば、予熱後に衣をつけた食材を引き出し式のバスケットに並べてセットし、タイマーを回すだけ。あとは放っておけば調理が完成するので、キッチンにつきっきりでいる必要もなく、油も飛び散らないので調理後の掃除のストレスもなし。これまで「面倒」なイメージだった揚げ物のハードルがグンと低くなること間違いありません。

油を使わなくても食材自体が持つ脂を利用して揚げるため、カリッと仕上がるうえ、余分な脂は内アミの下に落ちる構造になっているため、大幅にカロリーダウンするのも嬉しいポイント。

さらに、80℃~200℃まで幅広い温度設定ができるので、温度と時間設定によって「オーブン」「グリル」「ベイク」「温め直し」としても使えるのが魅力。ローストビーフや鮭のムニエル、マフィンなどの焼き菓子も作れます。

また、市販の天ぷらなどの揚げ物をエアーオーブンで温め直せば、あっという間に熱々のサクサクに! 200℃の余熱もたった5分で完了するので、時短もかないます。人気の料理研究家・エダジュンさんによる28品のオリジナルレシピも付属されるので、料理の幅も広がりそうです。

バスケットの容量は、300gのかたまり肉をふたつ入れても余裕の2.8リットル。大容量でありながら、ほぼA4で収まるコンパクトサイズを実現しているので、限られたキッチンスペースにも置けます。

カラーはレッドとクリームホワイトの2色展開。12月下旬に発売予定です。

(文/&GP編集部)

最終更新:2019/12/14(土) 20:26
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事