ここから本文です

元世界4位のスキアボーネ がん闘病を告白「戦いに勝利した」<女子テニス>

2019/12/14(土) 14:52配信

tennis365.net

がん治療

女子テニスで元世界ランク4位のF・スキアボーネ(イタリア)が13日に自身のツイッターを更新し、がん治療を行っていたことを告白した。

【スキアボーネ引退「新しい夢」】

現在39歳のスキアボーネは昨年7月のグシュタード女子選手権(スイス/グシュタード、クレー、WTAインターナショナル)に単複で出場。その後9月の全米オープン(アメリカ、ニューヨーク、ハード、グランドスラム)期間中に会見を行い、現役引退を発表していた。

今年に入ってからはジュニアの指導や、イベント出演に尽力。しかし、ツイッターなどのソーシャルメディアは6月から約半年間、更新していなかった。

ツイッターでは「ソーシャルメディアではしばらく沈黙を守っていたけれど、私に何が起こったのかを共有したいと思います。私はがんと診断されました。化学療法をして、私はその戦いに勝利しました。今は休養を経て活動できるようになってます」と綴った。

スキアボーネはこれまでシングルスで8度、ダブルスで7度のタイトルを獲得。2010年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)ではS・ストーサー(オーストラリア)を破り、イタリア人女性として初の四大大会シングルスを制した。

最終更新:2019/12/14(土) 14:52
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事