ここから本文です

キレる子にしたくない。キレない子にするには?[教えて!親野先生]

2019/12/14(土) 17:06配信

ベネッセ 教育情報サイト

教育評論家の親野智可等先生が、保護者からの質問にお答えします。

【質問】

思い通りにいかないことがあると、すぐキレる子っていますよね。キレて怒鳴ったり、物を投げたり、友達を叩いたりする子…。中学生や高校生でも、そして大人でもいますよね。どうしたらキレない子、キレない大人になってくれるのでしょうか?

相談者・ミニふりかけ さん(小学2年生 女子)

【親野先生のアドバイス】

ミニふりかけさん、拝読しました。

これは親の切なる願いですね。
一番大切なことをひと言で言えば、キレない子にしたいなら、親がキレない親になることです。

子どもに対して、親がすぐ「ダメって言ったでしょっ! なんでそんなことするの!」「また○○してない! 何度言ったらできるの!」とキレて叱るのは本当によくないです。

このように親がキレる姿が子どもの見本(モデル)になってしまいます。
子どもは親が思う以上に親をよく観察していて、無意識のうちに同じ行動を身につけてしまいます。
これをモデリング効果(観察学習)と言います。

モデリング効果について先駆的研究をしたアルバート・バンデューラは、特に攻撃的な行動は他人の攻撃的な行動を見ることによって強化されると言っています。

親がしつけのためと言って子ども叩くと、子どもも何らかの理由をつけて人を叩くようになります。
約束を守らないからという理由で親がゲーム機を壊したりしていると、子どもも何らかの理由をつけて物を壊すようになります。

叩かないまでも、親がキレて叱るという行為も攻撃的な行動であることにかわりはなく、子どももキレて怒鳴ったり、攻撃的な言葉を相手にぶつけたりするようになってしまうのです。

さらに、いつも叱られてばかりいると、子どもは「自分は親に愛されていないかも」と感じるようになります。
これが愛情不足感と言われるものであり、親に対する不信感が強い状態です。

親子関係は子どもが作る一番初めの人間関係であり、そこで不信感を土台にしてしまうと、その後の人間関係も同じ土台で作るようになります。
これが他者不信感と言われるものであり、兄弟関係、友達関係、その他一生涯にわたる人間関係の土台が他者不信感というものになりかねません。

他者不信感があると、いつもハリネズミ状態で、「あいつ、今にらんできた」「先生はオレばっかり叱ってくる」と被害妄想的なとらえ方をするようになります。
こういう状態だと、ちょっと人と接触しただけで、「なんでぶつかってくるんだ。やる気か?」とキレてしまうことになりかねません。

同時に、「また○○してない! 何度言ったらできるの!」と叱られてばかりいると、「自分は何をやってもダメだ。自分はダメな子だ」と思い込むようになります。
つまり、自己肯定感が持てないまま、強い自己否定感にとらわれてしまうのです。

1/3ページ

最終更新:2019/12/14(土) 17:06
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事