ここから本文です

その男、豪運につき 沢崎誠が得意のラス親大逆襲で8勝目 驚愕の大局観 /麻雀・Mリーグ

2019/12/14(土) 9:05配信

AbemaTIMES

 またもやオーラス、“マムシ”のひと飲みだ。大和証券Mリーグ2019・12月13日の第2試合で、KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)が得意のオーラス逆転劇を見せ、ハーラー単独トップとなる8勝目を挙げた。

【映像】沢崎誠、オーラス親で大逆転(2回戦)

 この試合の対局者はU-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、沢崎の並びでスタート。この日の1回戦でトップを獲得した多井がその好調を維持し、東場からトップ目を快走。これに待ったをかけたのが沢崎だ。

 道中は2万点台を切り、石橋とのラス回避争いが焦点だった沢崎は、最後の親番を迎えるとここで大爆発。1本場で6000点(+300)のツモアガリを決めラス回避争いから抜け出すと、2本場にはリーチ・一発・平和・一気通貫・赤の1万8000点(+600点)を鈴木からアガって大幅リード。さらに3本場も石橋伸洋から満貫をアガり、この試合のトップを確定的なものにした。

 親を迎えてからの沢崎の豊潤な手には、視聴者も感服した。「ツモ良すぎてもう…」と思わず羨ましがる人もいるほど、他家を圧倒したアガリの連発。この日の豪運ぶりを活かしたのは、沢崎が長いプロ歴で培った大局観と経験則。ライバルの反撃にひるまずアガリに突き進み、豪快にマクリトップを勝ち取った。

 インタビューでは「ツイてました、展開に恵まれました」といつものように謙虚な一言。またこの日は試合内容についても細かい解説を口にし、大局観や経験則に加え理論にも長けている一面を見せた。

 アナログ感覚と理論の融合、独特の強さを見せつけられた視聴者からは「アカギじゃねこの人」「勝負師の言葉よこれが」とコメントが送られ、また沢崎独特の手筋には「マムシの美学」といった言葉も投げかけられた。

 インタビュー最後には「呼ばれればいつでも打ちます、この次もすぐに打ちたい」と最年長64歳とは思えないパワフルな一言。最後は「攻めの麻雀で数字を残したい」と締めた。

昨今は麻雀でAIも誕生するなど、より緻密且つ精度の高い麻雀理論が構築される時代になりつつある。その潮流の中にいながら確実な理論と、さらには浪漫も感じさせるような重厚かつ爆発力のある沢崎の打ち筋に、ファンは最後まで興奮、魅了されていた。

1/2ページ

最終更新:2019/12/14(土) 9:05
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事