ここから本文です

将棋・鈴木大介九段、初タイトルはなんと麻雀最強位 トッププロ相手に堂々初優勝 解説者も「完勝です」

2019/12/14(土) 23:26配信

AbemaTIMES

 国内最大級のプロアマ参加の麻雀大会「麻雀最強戦2019」のファイナルが12月14日に行われ、将棋棋士の鈴木大介九段が初優勝、最強位のタイトルを獲得した。将棋界では1994年10月に四段昇段してプロデビュー。一般棋戦では2回の優勝を果たしつつ、タイトルは縁がなかったが、麻雀界で頂点に立った。

【映像】将棋棋士・鈴木大介九段が麻雀でタイトル獲得

 鈴木九段は、持ち前の読みの鋭さや勝負度胸を予選から発揮。決勝卓でも、前最強位・近藤誠一、金子正輝、堀慎吾といったトッププロ3人に対して、堂々たる戦いぶりと内容で攻め立て、ファンを魅了した。

 解説を務めたプロ雀士の馬場裕一は「プロ相手に完勝です」ときっぱり。Mリーグ・セガサミーフェニックスでも活躍する魚谷侑未も「何も言うことがないくらい、めちゃめちゃ強かったです。技術もすごいし、勝負所で押し切るところも勝負師」と称えていた。

 将棋棋士が他のテーブルゲームでも活躍することは多く、羽生善治九段や青嶋未来五段はチェスで日本のトップクラス。また、ポケモンカードゲーム(ポケカ)では藤井猛九段、糸谷哲郎八段などが、トッププレイヤーとして活躍している。

【決勝結果とコメント】

1位 鈴木大介

 麻雀、楽しめました(笑)ある程度、のびのび打った方がよかったかなと思いました。

2位 金子正輝

 チャンス手は何度かあったんですが…。またもう1回ですかね。

3位 堀慎吾

 単純に僕が弱くて(鈴木)先生が強くて負けたって感じがしますね。(藤田)社長を倒すのに使いすぎました。

4位 近藤誠一

 厳しかったですね。鈴木大介さんがすごく強くて参りました。

最終更新:2019/12/15(日) 1:41
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事