ここから本文です

明日15日(日)の天気 関東から西はお出かけ日和 北日本は積雪増加に注意

2019/12/14(土) 17:01配信

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・北日本は積雪増加 沿岸部は吹雪に
・北陸から山陰も雨具を持って外出を
・関東から九州の太平洋側はお出かけ日和

 明日15日(日)は、北日本で冬型気圧配置が強まり、山沿いを中心に午前中は積雪の増加に注意が必要です。

 東日本、西日本は北陸から山陰にかけては雲が多く、雨や雪の降るところがありますが、太平洋側は広くお出かけ日和となりそうです。

北日本は積雪増加 沿岸部は吹雪に

 強い寒気の影響で、午前中は山沿いを中心に積雪が増える可能性があります。

 旭川市や札幌市など市街地でも路面状況の悪化にご注意ください。

 沿岸部では風も強くふぶくところがありそうです。寒気が弱まる午後は雪や風のピークは越えそうです。

北陸から山陰も雨具を持って外出を

 午前中は雲が多くすっきりしない天気です。

 平野部では雨、山沿いでは雪の降るところがあるので外出の際は雨具をご用意ください。

 午後になるとだんだんと天気は回復に向かい、日差しも出てくる予想です。

関東から九州の太平洋側はお出かけ日和

 関東から九州の太平洋側は朝から晴れるところが多く、お出かけ日和となります。

 昼間は前日よりも少し気温は下がりますが、日差しのもとでは暖かさを感じられそうです。

 ただ、朝晩は冷え込むので服装の調節は要注意。また、空気の乾燥した状態が続くので、火の取り扱いは十分お気を付けください。

ウェザーニュース

最終更新:2019/12/14(土) 17:01
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事