ここから本文です

「親しげな笑顔」に違和感…彼女は「フレネミー」だったのか?

2019/12/14(土) 18:45配信

LIMO

ママ友との交流に関して、「カースト制度」や「ママ友トラブル」など、様々な問題が話題にあがります。

筆者もすでに母親歴14年、ママ友との交流もいくつか体験してきました。学生時代や企業時代とも違う、「ママ友」という人付き合いの世界。独特な世界であるとは思いますが、子どもがいる以上、今後も多少なりとも関わっていかなくてはいけないと思っています。

そのような中で、印象に残ったママ友がいます。印象に残った…と言いますか、今思えば、彼女は話題の「フレネミー」だったのではないか、という人と遭遇しました。

今回はそんな彼女との出会い、そして起こった問題についてお話させて頂きます。

「フレネミー」とは何か?

フレネミーとは「Friend(フレンド・友)」と「Enemy(エネミー・敵)」を組み合わせた造語で、意味としては『友だちを装いながら、実際には敵視している人のこと』を指します。
(参照元:Weblio辞書『フレネミー』)

とても親しげに、まるで親友のように振る舞いながら、実は敵というとても怖い存在です。

実は「フレネミー」だった?彼女との出会い

私が「フレネミー」という言葉を知ったのは、彼女と出会った数年後でした。
ですので、結果的に後から『彼女はフレネミーだったのではないか…』と思ったのです。

そんな彼女、Yさんとの出会いは幼稚園を通じた集まりでした。
当時役員をしていた私は、学年を超えた集まりに声を掛けてもらい、そこでYさんと出会ったのです。Yさんとは子どもの学年も性別も違うため、本当に初対面でした。

他にも多くの保護者がいましたので、彼女とは挨拶を交わした程度でした。
とても親しみのある笑顔と雰囲気が印象的で、決して悪いイメージは抱きませんでした。

最初に覚えた違和感

保護者の集まりから数カ月後、当時、私は飲食店でアルバイトをしていました。その飲食店にたまたま、Yさんが立ち寄ってくれたのです。

Yさんに「元気~? !」と、話しかけられ、私はすぐに彼女を思い出すことができず『こんにちはー』と挨拶する程度でした。

Yさん「忙しいんだね~。いつでも子ども達預かるから、言ってね!」
帰り際、私にその様に声を掛けてくれたYさん。

それは、彼女的には社交辞令だったのかもしれません。ですが、私にはとっても違和感があったのです。

Yさんの子どもは女の子1人。私の子どもは男の子2人。学年も違うし、普段の面識もあるわけではありません。
そんな人に「子ども、預かるから」って言うなんて…と思い、私は『あぁ…うん、ありがとう』とちょっとビックリしながらも、あいまいな返事をすることしかできませんでした。

私自身、慎重派というより楽観的なタイプです。そのため、人の好意に違和感を覚えるということは、いままでにない体験でした。

その後も、実際に彼女に子どもを預けることはありませんでしたが、この時に覚えた違和感は、何故か忘れることが出来ず、ずっと胸の中にあったのでした。

1/3ページ

最終更新:2019/12/14(土) 23:05
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事