ここから本文です

横溝ファン・古田新太、『悪魔の手毬唄』に“カツベン”役で参戦

2019/12/14(土) 6:00配信

クランクイン!

 NEWSの加藤シゲアキが金田一耕助役で主演を務める土曜プレミアム『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』(フジテレビ系/12月21日21時15分)の追加キャストとして、俳優の古田新太の出演が発表された。

【写真】『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』に出演する古田新太の場面写真


 作家・横溝正史による「金田一耕助」シリーズは、日本探偵小説史における金字塔を打ち建て、何度も映像化されてきた。本作では、昨年のクリスマスイブのスペシャルドラマ『犬神家の一族』で“平成最後の金田一耕助”を演じた加藤が再び金田一を務める。

 岡山と兵庫の県境にある鬼首村では由良家と仁礼家という、2つの名家が対立していた。岡山県警警部・磯川常次郎(古谷一行)の依頼を受け、金田一耕助(加藤)はその村にある亀の湯という温泉宿を訪れる。そこの女主人である青池リカ(寺島しのぶ)は、20年前に起きた悲惨な事件によって夫の源治郎を亡くしていた。そしてその犯人、恩田幾三はいまだに行方不明だという。ある日、鬼首村出身の人気歌手、大空ゆかり(中条あやみ)が帰郷するということで村中が活気づく中、リカの息子、歌名雄(小瀧望)の婚約者である由良泰子(菅野莉央)が滝つぼで死んでいるのが発見され…。

 古田が演じるのは、20年前の凄惨な殺人事件をひもとくために金田一が接触する、かつて活動弁士だった男・野呂十兵衛。金田一が20年前に源治郎(渡辺大)が殺害された事件をひもとくため会いにいく相手という役どころだ。

 源治郎と親交のあった野呂は、かつて映画に音声がついていなかった時代、自らの語りや解説で映画のストーリーを彩る活動弁士をしていた。神戸を拠点に活動していた野呂は、鬼首村から逃げるように神戸に流れ着いた源治郎と出会い、共に活動弁士として映画館を大いににぎわせていたという。そんな源治郎は鬼首村の人々から差別を受けていたこと、彼らをひどく憎んでいたことを野呂に明かしていた。

 横溝正史作品のファンを公言する古田は「活動弁士の役ということでセリフもボリュームがありましたし演じる緊張感もありましたけど、大好きな横溝作品に一丁噛みできて良かったです。加藤くんがハンサムでビックリしました。ぜひご覧ください」とコメントした。

 また、俳優の小木茂光、森下能幸、六角慎司らの出演も発表された。

 土曜プレミアム『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』は、フジテレビ系にて12月21日21時15分放送。

最終更新:2019/12/14(土) 6:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事