ここから本文です

J1制覇・ポステコグルー監督の右腕・クラモフスキー氏がJ1残留の清水新監督に就任…篠田善之監督はコーチに

2019/12/14(土) 13:37配信

超WORLDサッカー!

清水エスパルスは14日、篠田善之監督(48)の退任を発表。新監督に横浜F・マリノスでヘッドコーチを務めていたピーター・クラモフスキー氏(41)が就任することを発表した。なお、篠田監督はトップチームのコーチに就任する。

【まとめ】J1、J2、J3リーグ最新移籍情報を網羅!

クラモフスキー氏は、メルボルン・ビクトリーやオーストラリア代表、横浜FMなど、2004年からアンジェ・ポステコグルー監督の下でアシスタントマネージャーを務めており、U-17オーストラリア代表の監督を務めていた。

クラモフスキー氏は横浜FMを通じて、コメントしている。

「マリノスに関わる全ての皆様に、感謝の意を述べたいと思います。『マリノスにトロフィーをもたらす仕事をする』と、2年前にご挨拶をさせて頂いた時に約束しました。優勝までの道のりを、マリノスの選手・コーチ陣・スタッフ達、そして素晴らしいファン・サポーターの皆さんと一緒に歩むことができたのは、私の一生の思い出です」

「このタイミングでクラブから去る決断をするのは簡単ではありませんでした。なぜなら、このままボスと一緒にマリノスにいれば、さらなるトロフィーを共に得ることができる確信があったからです。しかし、私は一番の目標である監督としてのキャリアをスタートするためにクラブを去る決断をしました」

「選手達は日々のトレーニングを全力で取り組み、私に刺激を与え続けてくれました。彼らのおかげで、私自身もコーチとして成長することができました。本当に感謝しています。ボスとは2004年から共に歩んできて、私をここまで成長させてくれました。彼への感謝の気持ちは言葉では言い表すことができません」

「ファン・サポーターの皆様、 気持ちのこもった応援でいつもチームをサポートして頂き、本当にありがとうございました!そして2年間、ありがとうございました!! Champions 2019!!!」

篠田監督はアビスパ福岡でコーチや監督、FC東京でもコーチ、監督を務め、2018年に清水のコーチに就任。今年5月にヤン・ヨンソン監督の後任として監督に就任していた。

しかし、チームの結果は思わしくなく、最終節まで残留争いをする事態に。最終節ではサガン鳥栖を下して自力で残留を決めていた。

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/14(土) 13:42
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事