ここから本文です

小川航基がデビュー戦でハットの大活躍! 先発全員変更の日本が香港一蹴で次節日韓戦へ《E-1選手権》

2019/12/14(土) 21:16配信

超WORLDサッカー!

日本代表は14日、E-1サッカー選手権2019第2戦の香港代表を戦い、5-0で圧勝した。

【選手採点】小川航基がデビュー戦ハット!MOMは?

2013年大会以来の優勝を目指す日本は、10日に行われた中国代表との初戦を鈴木と三浦の代表初ゴールによって2-1で勝利。

連勝を狙う今節に向けては初戦から先発全員を変更。GKに大迫、最終ラインに右から渡辺、田中駿、古賀とA代表デビューの3選手を並べ、両ウイングバックに相馬とA代表デビューとなる菅。ダブルボランチは大島とA代表デビュー田中碧の川崎Fコンビ、2シャドーに田川、今シーズンJ1の得点王&MVPに輝き、A代表デビューとなる仲川、最前線に東京オリンピック世代のストライカー、小川がA代表デビューを飾った。

スタメン11人の内、7名がA代表デビューということもあり、ややバタ付く入りとなった日本。それでも、キャプテンマークを巻く大島を起点に徐々に落ち着いてボールを動かし始めると、ここからゴールショーの幕開けとなる。

その口火を切ったのは、今季の札幌で進境著しい活躍を見せた菅だった。8分、ボックス右で仲川が仕掛けた流れからボックス左で相手のクリアボールに反応した菅が左足を一閃。力の抜けた見事なダイレクトボレーがゴール右隅に決まった。

菅のデビュー戦デビューゴールで均衡を破った日本は畳み掛ける攻めを見せる。14分、左CKの場面でキッカーの大島が絶妙なボールをゴール前に入れると、バックステップでDFを外した田川がバックヘッド気味に合わせ、ゴール右隅に流し込んだ。

菅に続いて田川にもA代表初ゴールが生まれた日本は大島と田中碧のコンビでボールを動かしながら、サイドで高い位置を取る菅や相馬が縦への仕掛けやアーリークロスで幾度もチャンスを創出。すると、26分にはペナルティアーク付近で横パスを収めた小川が鋭い反転から強烈な右足のミドルシュートをゴール左下隅に突き刺し、前述の2選手に負けじと代表初ゴールでアピール。

さらに、前半終了間際のアディショナルタイム1分には右サイド深くをえぐった相馬のグラウンダークロスを、ファーの菅がダイレクトシュート。これが味方に当たってゴール前にこぼれると、うまく収めた小川が窮屈な体勢をモノともしないテクニカルな右足トゥーキックで自身2点目とした。

若き新たな力の躍動でによって大量リードで試合を折り返した日本は、ハーフタイム明けに2枚替えを敢行した香港相手に反撃を許すが、失点は許さない。

すると、58分にはセットプレーの二次攻撃から左サイドの深くへ抜け出した大島が絶妙な左足のクロスを入れると、ゴール前で良いポジションを取っていた小川が丁寧に頭で合わせ、平山相太以来9年ぶり、日本代表史上3人目となるデビュー戦でのハットトリックを達成した。

この5点目で香港の心を折った日本は次節の韓国代表戦を睨んでやや省エネモードにシフト。67分には田中碧を下げて畠中を投入し、田中駿がポジションを1つ上げてボランチに移った。

その後も主導権をがっちり握る中、84分には殊勲の小川を下げて上田を投入。森保監督にアピールしたい若手選手は積極的にゴールを目指したが、試合はこのまま5-0のスコアでタイムアップ。

実力差は大きかったものの、東京五輪世代の若きアタッカー陣がいずれもA代表初ゴールを記録する活躍をみせたフレッシュな日本代表が大会2連勝。2013年大会以来の優勝に王手をかけると共に、18日に行われる韓国との最終戦に向けて大きな弾みを付けた。

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/15(日) 2:18
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事