ここから本文です

ドゥカティ、MotoGPやSBKで使用したマシンパーツをコレクターズアイテムとして販売

2019/12/14(土) 7:15配信

オートスポーツweb

 12月9日、ドゥカティとドゥカティ・コルセは、MotoGPやスーパーバイク世界選手権(SBK)で使用されたレーシングバイクのパーツを数量限定で一般販売することを発表した。

 2019年の12月より、ドゥカティは『Ducati Memorabilia(ドゥカティ・メモラビリア)』というプロジェクトを開始した。このプロジェクトは、この数年MotoGPやSBKで使用されたバイクの認定パーツを販売するためのものだ。

 ドゥカティの公式サイトによると、販売されるコンポーネントの一例にはコネクティングロッド、ピストン、カムシャフト、クランクシャフトなどが挙げられている。これらのパーツは、アンドレア・ドヴィツィオーゾをはじめとするドゥカティを代表するライダーが駆ったバイクのエンジンに関するものだ。

 販売されるパーツは展示用だが、これが本物であることを証明するために、パーツの名前や、このパーツが使用されたバイクの名前が刻印され、アクリル製のケースに収められるという。

 またすべてのパーツには技術説明書、それぞれのパーツに関わりのあるライダーや選手権の説明書、ドゥカティのCEOであるクラウディオ・ドメニカリとドゥカティ・コルセのゼネラルマネージャーを務めるルイジ・ダリーニャの署名入り証明書が付属するとのことだ。

『Ducati Memorabilia』プログラムで販売されるパーツは、ドゥカティの正規ディーラーで購入可能で、2020年以降はドゥカティ公式サイト(www.ducati.com)でも買えるようになる。しかしながらその数には限りがあるので、購入を考えている方には早めの検討、購入がおすすめだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:2019/12/14(土) 7:15
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事