ここから本文です

DeNAの戦力整理 主砲筒香レイズ移籍、助っ人2人退団&10選手戦力外で変革期へ

2019/12/14(土) 17:59配信

Full-Count

主将も務めた筒香がポスティングシステムを利用してレイズ移籍へ

 今季は2位に入り、クライマックスシリーズ(CS)を本拠地・横浜スタジアムで初開催したDeNA。2位以上となるのは優勝した1998年以来、DeNAとなってからは初の快挙だった。しかし、CSファーストステージでは1勝2敗で阪神に敗れてファイナルステージ進出を逃した。アレックス・ラミレス監督が就任5年目となる来季は優勝を目標に掲げるリベンジの年となる。

【最新版】今オフは実績十分のメジャーリーガーの加入が多くなっている 各球団発表、2019-2020年の引退、戦力外、自由契約一覧

 今オフ最も大きな動きは、主砲・筒香嘉智外野手のメジャー移籍に伴う退団だ。13日(日本時間14日)にタンパベイ・レイズとの契約が合意に達した筒香は、今季131試合に出場して打率.272、29本塁打、79打点を記録。またキャプテンとしてもチームの士気を高め続けていただけに穴を埋めるのは容易ではない。チームトップの打率.284だった宮崎の活躍や、神里ら外野陣の奮起に期待したい。

 ドラフトでは「侍ジャパン」高校代表などで活躍した森敬斗内野手(桐蔭学園高)を1位指名。2位の坂本裕哉投手(立命館大)、3位の伊勢大夢投手(明治大)ら即戦力の大卒投手も加わる。

 助っ人では、前ブルワーズのタイラー・オースティン内野手を獲得。2010年にヤンキースから13巡目の指名を受け入団。その後はブルワーズ、ジャイアンツなどでプレーして通算209試合、打率.219、33本塁打、91打点をマークしている。今季はツインズ、ジャイアンツ、ブルワーズの3球団でプレーして計89試合に出場。さらには今季オリックスを戦力外となった高城俊人捕手が2年ぶりに復帰する。

 一方でエディソン・バリオス投手、サミー・ソリス投手の2人の助っ人は今季で退団。昨季途中に加入した中後、2016年のドラフト3位で入団した大河は戦力外となった。

ダイヤモンドバックス傘下から加入の中後は2年在籍して戦力外→引退

 ここでは今季で引退、戦力外となった選手の実績などを振り返ってみよう。

○エディソン・バリオス投手(退団)
 ソフトバンクを経て、独立リーグのルートインBCリーグ富山GRNサンダーバーズから2018年にDeNAに加入。昨季は先発と中継ぎで14試合を投げ防御率3.33としたが、今季はわずか3試合にとどまった。

○サミー・ソリス投手(退団)
 パドレス傘下3Aエルパソから今季途中に加入したソリスはわずか4登板で0勝0敗1ホールド防御率2.08。9月6日には故障した左肩の治療のため米国へ帰国していた。

○中後悠平投手(戦力外→引退)
 ダイヤモンドバックス傘下から昨季途中に入団した中後は4試合に登板し、防御率3.38、2年間での1軍登板は12試合だった。ロッテ時代の2015年に続く2度目の戦力外でとなり、現役引退を決断した。

○大河内野手(戦力外)
 2016年ドラフト3位で秀岳館高から入団した大河は、昨年には「2018 WBSC U-23ワールドカップ」メンバーにも選ばれたが、今季はイースタンで打率.193にとどまった。来季は沖縄初のプロチームとなる「琉球ブルーオーシャンズ」に所属する。

○中川大志内野手(戦力外→引退)
 2008年に楽天からドラフト2位で指名受け、2017年オフに戦力外通告を受けた。2018年にDeNAに入団したが今季は3試合出場で無安打に終わっていた。

○綾部翔投手(戦力外)
 2015年のドラフト5位で入団。今年7月16日には未成年の少女と関係を持ったことが発覚したことを球団が発表、無期限謹慎処分となっていた。今季はイースタン・リーグで3試合にとどまり防御率6.00。1軍では2017年の1試合のみとなっていた。

○田村丈投手(戦力外→引退)
 2015年のドラフトで育成3位として指名され、2018年7月に支配下登録。同年8月1日にプロ初登板を果たしたが、1回2失点で、これが唯一の登板となった。

○寺田光輝投手(戦力外)
 2017年にプロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの石川ミリオンスターズからドラフト6位で入団するも1軍出場はなかった。

○西森将司捕手(戦力外→引退)
 2011年育成選手ドラフト2位で入団し、2013年に支配下登録。6年間で38試合に出場、今季は3試合出場にとどまっていた。

○狩野行寿内野手(戦力外→引退)
 2016年にドラフト7位で入団。今季はイースタン・リーグで79試合に出場したものの、打率.188。3年間で1軍出場はなく、戦力外となった。

○青柳昴樹外野手(戦力外→引退)
 2015年にドラフト6位で入団。4年目の今季はイースタン・リーグで63試合に出場したが、打率.153と結果を残せず。1軍出場はないまま、オフに戦力外となり現役引退を決断した。

○水野滉也投手(戦力外→引退)

Full-Count編集部

最終更新:2019/12/17(火) 17:31
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事