ここから本文です

【MLB】西武秋山の移籍先にカージナルス浮上 米メディア「球団社長が求めているタイプ」

2019/12/14(土) 22:40配信

Full-Count

「トレード・ルーマーズ」は、カブスとカージナルスを秋山の移籍先候補に

 西武から海外FA権を行使してメジャー移籍を目指す秋山翔吾外野手について、米最大の移籍情報サイト「MLBトレード・ルーマーズ」はカージナルスが候補として浮上したと伝えている。同サイトは移籍先候補にカージナルスとカブスを挙げている。

【写真】「たまたま会いましたー!」 西武山川が巨人坂本と撮った奇跡の2ショットを公開しファン興奮

 同サイトでは、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」の記者、マーク・サクソン氏のツイッターを紹介。サクソン氏は「カージナルスの左打者の外野手探しで注意すべき名前:ショウゴ・アキヤマ、日本のフリーエージェントで譲渡金を払う必要がない。カージナルスは彼を熱心にスカウトしている」と伝えている

「トレード・ルーマーズ」の記事は「カージナルスは、ショウゴ・アキヤマの獲得を真剣に考えてるのかもしれない」と指摘。「31歳のアキヤマは日本で成功している選手であり、カージナルスに外野を守れる左打者のオプションを与えてくれる」と説明している。さらに「カージナルスの球団社長、ジョン・モゼリアク氏がチームに加えたいと語っていたタイプの選手である」とも伝えた。

 同じ日本人外野手では、DeNA筒香嘉智外野手がレイズと2年総額1200万ドル(約13億1100万円)で契約合意した。ウインターミーティング中に3球団と面談したと米メディアに伝えられた秋山。果たしてどんな決断をくだすのだろうか。

Full-Count編集部

最終更新:1/7(火) 17:09
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事