ここから本文です

激動の一年「乗り越えられた」湘南FW松田天馬がJ1残留導く同点ゴール

2019/12/14(土) 17:32配信

ゲキサカ

[12.14 J1参入プレーオフ決定戦 湘南1-1徳島 BMWス]

 湘南ベルマーレをJ1残留に導く殊勲弾となった。0-1で迎えた後半19分にMF松田天馬が同点ゴール。左サイドからMF鈴木冬一がクロスを入れると、FW山崎凌吾が持ち出してマイナス方向に戻し、走り込んだFWクリスランがスルー。後ろから「スルー」と声をかけ、相手のマークを外して突破した松田が左足で流し込んだ。

 1点が必要だった湘南にとって起死回生の同点ゴール。プレーオフの規定により、決定戦は上位チームが引き分け以上でJ1残留を決められる。徳島の反撃を跳ね返した湘南がアドバンテージを生かし、意地のドローでJ2降格を回避。シーズンを締めくくるゴールを挙げた松田は「恩返しがしたかった。来季もサポーターたちと日本のトップの舞台で戦えることはすごく嬉しいです」と声を弾ませた。

 チョウ・キジェ前監督のパワハラ騒動に揺れた激動のシーズンを乗り越え、苦しみながらもJ1の舞台に生き残った。「長かったですね。うまくいっている時期、うまくいっていない時期が波のようにきた」と一年を振り返った松田は「大変でしたけど、これを乗り越えられたのはいい経験だと思います」と胸を張った。

最終更新:2019/12/15(日) 6:04
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事