ここから本文です

トランプ大統領:15日発動予定の関税取りやめ、25%の関税は維持

2019/12/14(土) 1:25配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): トランプ米大統領は中国と貿易に関する条件で合意したとして、15日に発動を予定していた中国製品に対する新たな関税を取りやめると明らかにした。

トランプ氏は13日、「われわれは合意を成立させたため、12月15日に予定されていた制裁関税は賦課されない」とツイート。「第2段階の取引を巡る交渉は、2020年の選挙を待たずすぐに始める」と続けた。

トランプ氏は既存関税の税率は25%にとどまると付け加え、中国が多くの構造改革のほか、農産物やエネルギーなど米国製品の購入に同意したと説明した。

原題:Trump Says U.S. Will Scrap Dec. 15 China Tariffs, Others Remain(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Joshua Gallu

最終更新:2019/12/14(土) 1:25
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ