ここから本文です

忍び寄る絶対王者、世界選抜が2ポイントリードで最終日へ 過去の個人戦の勝率は?

2019/12/15(日) 8:39配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<プレジデンツカップ 3日目◇14日◇ロイヤル・メルボルンゴルフクラブ(オーストラリア)>

ステキな奥様がたも応援【大会写真】

1998年以来の優勝へ歩みを進める世界選抜に、絶対王者が背後から忍び寄る。米国選抜に4ポイントのリードを持って迎えた3日目のフォアサム4マッチ。スコアを映すモニターは、各マッチが優勢に立つチームのカラーに彩られるが、終盤までは米国チームの『赤』一色となっていた。

3ダウンと劣勢になっていたマーク・リーシュマン(オーストラリア)&エイブラハム・アンサー(メキシコ)が、上がり3ホールを連続で奪取。リッキー・ファウラー&ジャスティン・トーマスを相手に引き分けまで戻し、最後の1組となったアン・ビョンハン(韓国)&ホアキン・ニーマン(チリ)の新人コンビも、2ダウンの状態から終盤でなんとか引き分けに持ちこんだ。

3日目のフォアサムは、2敗2分けで米国に2ポイントを譲る形となり、4ポイントあったアドバンテージは、10対8で2ポイント差まで迫られた。

残すは明日のシングルスマッチ12戦だが、これがひとつの鬼門となる。過去大会のうち、世界選抜のシングルスマッチ12マッチの成績(勝ち越し)は『2勝6敗4分け』。3ポイントの貯金を持って臨んだ2003年でさえ、最終日のシングルス戦で3ポイントを埋められ、引き分けに持ち込まれた。唯一勝ち星を挙げた98年は、9ポイント差をつけて最終日を迎えて、シングルスマッチを引き分けにしての勝ち逃げだった。

こまで強固なチームワークで米国を圧倒してきた世界選抜。残る力を振り絞り、最後の1日にすべてをかける。(文・谷口愛純)

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:2019/12/15(日) 8:39
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事