ここから本文です

<山崎貴監督>VFXの旗手が語る3DCGアニメの可能性 最新作は「ルパン三世 THE FIRST」

2019/12/15(日) 8:10配信

MANTANWEB

 さらに「日本では2Dの中によさを求める伝統があるので、2Dのものを3DCGでトレースしていくというイメージは僕の中にはないんです。1ジャンルとして3DCGというものがあってもいんじゃないか、という感覚なんです」と語る。

 続けて「2Dアニメとは別のジャンル。作り方に関しても2Dではないし、実写でもない“第3の映画スタイル”という感じがするんですよ。だからアニメーションとして一緒くたにしてしまうのは危険かなと思っています。そして、3DCGアニメは日本のコンテンツの面白さを伝えるものとして、大きな可能性を秘めていると思いますね」と持論を展開した。

 ◇今後も「心がざわっとするものを作り続けたい」

 山崎監督は来年、東京五輪・パラリンピックで五輪開閉会式の統括を担当する。それも楽しみだが、来年以降、どんな作品を世に送り出していきたいのだろうか。「来年はまた実写をやる予定です。自分の心がざわっとするものを作り続けたいなと思いますね。2、3年後の作品に関してはすでにほぼ決めているので、そのときまでにざわっとし続けられればいいなと思っています。自分の心にざわっと、心が震えたら自分のやりたいことだろうし、やりたいことをやり続けたいと思います」と最後に語った。

 「ルパン三世 THE FIRST」は、今年4月に亡くなったモンキー・パンチさんのマンガが原作。祖父ルパン一世が唯一盗み出すことに失敗した因縁のお宝「ブレッソン・ダイアリー」を巡って秘密組織とルパン三世が争奪戦を繰り広げるというストーリー。声優として女優の広瀬すずさん、俳優の藤原竜也さん、吉田鋼太郎さんが出演し、もちろん「ルパン三世」のレギュラー声優陣である栗田貫一さん、小林清志さん、浪川大輔さん、沢城みゆきさん、山寺宏一さんも出演している。

3/3ページ

最終更新:2019/12/15(日) 8:10
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事