ここから本文です

【DEEP】青野ひかる「勝ってタイトルを目指す」、パク「明日は私の祭りの日」=前日計量

2019/12/15(日) 9:57配信

イーファイト

 12月15日(日)東京・大田区総合体育館にて開催される『DEEP 93 IMPACT』の前日計量が14日、都内にて行われた。

【フォト】パク・シウはビキニで腹筋アピール

 第13試合DEEP JEWELSアトム級 5分2Rに出場する青野ひかる(26=ストライプル新百合ヶ丘)とパク・シウ(27=TEAM MAD)が計量に臨み、リミット47.6kgに対し青野が47.90kg、パクも47.90kgを記録。DEEPのルールではタイトルマッチ・キャッチウェイト以外の試合は500gまでの超過は認められるため、無事計量をパスした。

 青野は、2019年3月の『DEEP JEWELS 23』で富松恵美にリア・ネイキッドチョークで敗れたが、それ以降は、檜山美樹子、古澤みゆきをそれぞれ一本勝ちで撃破しており、連勝を重ねている。

 対するパクは、年末のRIZINで浜崎朱加とタイトルマッチを控えているハム・ソヒと同じTEAM MADに所属し、「ハム・ソヒの妹分」として知られている。日本の大会にも複数回出場し、なかなか黒星に恵まれていないものの、2019年6月9日に行われた『REBELS.61』では、キックボクシングルールで敗れはしたが、ぱんちゃん璃奈を相手に粘りを見せて苦しめた。また、2018年8月の『DEEP 85 IMPACT』では、青野に一本勝ちした富松を判定で破っており、その実力は決して侮れない。

 青野にとっては、一本負けを喫してしまった富松を破っているパクを退け、富松との再戦、アトム級王者の前澤智への挑戦につなげたいところだ。
 パクにとっては、DEEP JEWELSの実力者である青野を撃破し、DEEP JEWELSに今後も参戦し、ゆくゆくはタイトル戦線に絡んでいきたいところだろう。

 計量後のコメントで、青野は「この試合に勝つために全力で準備をしてきました。明日は必ず勝って、次、タイトル目指します」と静かに述べ、連勝の勢いに乗って、タイトル戦線に参入する意欲を見せた。
 一方、パクは、「私は明日の試合のためにたくさんの準備をしてきました。明日は私の祭りの日です。明日は私に注目して下さい」と不敵に宣言した。

<計量結果>
▼第13試合 DEEP JEWELSアトム級 5分2R
青野ひかる(ストライプル新百合ヶ丘) →47.90kg
vs
パク・シウ(TEAM MAD) →47.90kg

最終更新:2019/12/15(日) 9:57
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事