ここから本文です

【朝日杯FSの見どころ】武豊騎手の全GI王手なるかにも注目の2歳王者決定戦

2019/12/15(日) 10:33配信

netkeiba.com

 2歳王者決定戦に重賞ウィナー5頭を中心とする16頭が集結。出走する主な有力馬は次の通り。

【写真】サリオスこれまでの軌跡

■12/15(日) 朝日杯フューチュリティS(2歳・牡牝・GI・阪神芝1600m)

 サリオス(牡2、美浦・堀宣行厩舎)は4か月ぶりの休み明けとなった前走のサウジアラビアRCを2歳コースレコードで完勝。直線で並びかけられてからもう一伸びしたあたり、内容としても非常に優秀なものだった。阪神に変わるここも期待は大きい。鞍上はR.ムーア騎手。

 レッドベルジュール(牡2、栗東・藤原英昭厩舎)はデイリー杯2歳Sで直線内から突き抜けV。ディープインパクト産駒らしい鋭い瞬発力を発揮し、出遅れをものともしない勝ちっぷりだった。まだまだ奥がありそうな馬で、相手強化のここでも目が離せない。鞍上はC.スミヨン騎手。

 タイセイビジョン(牡2、栗東・西村真幸厩舎)は京王杯2歳Sを快勝。差し届かなかった函館2歳Sのレースぶりと見比べて、やはり広いコースの方が合っているようだ。今回は1600mへの距離延長がカギとなるが、どのような走りを見せてくれるか。鞍上の武豊騎手はJRA平地GI全制覇まで残すところ本レースとホープフルSとなっている。

 その他、函館2歳Sの覇者ビアンフェ(牡2、栗東・中竹和也厩舎)、新潟2歳S2着、デイリー杯2歳S3着のペールエール(牡2、栗東・安田隆行厩舎)、もみじSを快勝したラウダシオン(牡2、栗東・斉藤崇史厩舎)、デイリー杯2歳Sで2着のウイングレイテスト(牡2、美浦・青木孝文厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

最終更新:2019/12/15(日) 10:33
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事