ここから本文です

いま話題の“毒母”との付き合い方

2019/12/15(日) 21:40配信

ニッポン放送

作家・山口恵以子氏が、『毒母』について持論を述べた。

2019年7月期のTVドラマ『凪のお暇』(TBSテレビ)や、2017年のTVドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ)など、最近「毒母」を描く話題作が注目を浴びている。実際に毒母に悩むのは圧倒的に女性が多いが、知らないうちに自身も「毒母」になっているケースが少なくない。世代を超えて連綿と受け継がれる、「毒母の遺伝子」を断ち切る方法について、「女性セブン」の同記事では次のように書かれている。

実母との確執を描いた漫画『しんどい母から逃げる!!』(小学館)など、多数の著書がある漫画家の田房永子さんはこう言う。

「まずは物理的に離れること。可能であれば別のところに住む。それが難しければあまり行動を共にしないようにするなど、できる限り接触を断つと自分の中にだんだん変化が訪れてきます」

この記事を受けて小説『毒母ですが、何か』(新潮社)の作者でもある、この日番組に出演した作家の山口恵以子は語った。

「根本的に思うのは相性が合わないということですよね。たとえば、自分以外にきょうだいがいたとして、他の人は母親とうまくやってるのに、自分だけはどうも合わないというのは、結局相性の問題が多いです。神様が間違えたわけだからしょうがない」

「目標値というか、自分の感覚値が大事。手紙なら連絡取れるとか、電話は年に3回までならいいとかね。コミュニケーションとれる自分の中の感覚を知っておくべきです」

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-木 8:00-11:30

最終更新:2019/12/15(日) 21:40
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事