ここから本文です

CAT-A-TAC短編2本立て開幕に藤田善宏「クリスマス恒例公演になれば」

2019/12/15(日) 11:00配信

ステージナタリー

「こどもも大人も楽しめるクリスマス演目 CAT-A-TAC 短編2本立て」が、昨日12月14日に東京・神楽坂セッションハウスで開幕した。

【写真】「こどもも大人も楽しめるクリスマス演目 CAT-A-TAC 短編2本立て」より。(メディアギャラリー他5件)

本公演は、コンドルズの藤田善宏によるプロデュースユニットCAT-A-TACが、クリスマスをテーマとした短編2本を上演するもの。宮本悠加、関口奈々、渡邉未有、稲葉由佳利、新山綾結美、藤田が出演する「愚者の贈り物」では、“プレゼント”をキーワードにしたダンス劇を、藤田の作・演出・振付により立ち上げる。「クリスとスマス」では、藤田とタップダンサーの村田正樹からなるパフォーマンスユニット・ニヴァンテが、サンタ見習いのクリスとスマスが魔法の靴を探す旅に出る様子をノンバーバルで表現する。

初日を終えた藤田は「こどもと大人が同じくらい笑って泣いてくれたのが印象的」と語りつつ、「若手女性ダンサーのハツラツとした演技とダンスで元気に、僕達男性ユニットのニヴァンテではコミカルでアットホームな物語をお届け出来たと思います。毎年クリスマスには恒例の公演になると嬉しいです!」とコメント。村田は「どちらも世代を越えて楽しめる作品になってます。僕達からみなさんに笑顔と元気をプレゼントできたらと思ってます!」と述べている。上演時間は「愚者の贈り物」が約30分、途中休憩を挟み、「クリスとスマス」は約45分。公演は本日12月15日まで。

■ 藤田善宏コメント
こどもと大人が同じくらい笑って泣いてくれたのが印象的な初日幕開けでした。若手女性ダンサーのハツラツとした演技とダンスで元気に、僕達男性ユニットのニヴァンテではコミカルでアットホームな物語をお届け出来たと思います。毎年クリスマスには恒例の公演になると嬉しいです!

■ 村田正樹コメント
満員御礼の中、初日があきました! 今回は2本のクリスマス短編作品。
どちらも世代を越えて楽しめる作品になってます。僕達からみなさんに笑顔と元気をプレゼントできたらと思ってます!

■ 「こどもも大人も楽しめるクリスマス演目 CAT-A-TAC 短編2本立て」
2019年12月14日(土)・15日(日)
東京都 神楽坂セッションハウス

□ 藤田善宏作品「愚者の贈り物」
作・演出・振付:藤田善宏
出演:宮本悠加、関口奈々、渡邉未有、稲葉由佳利、新山綾結美 / 藤田善宏

□ ニヴァンテ「クリスとスマス」
作・演出:藤田善宏
振付・出演:ニヴァンテ(藤田善宏、村田正樹)

最終更新:2019/12/15(日) 11:00
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事