ここから本文です

【POG】兄はクリソベリル!良血ヴァーダイト4馬身差V

2019/12/15(日) 14:33配信

デイリースポーツ

 「2歳新馬」(15日、阪神)

 芝2000メートルの初戦を難なくクリアした。2番人気ヴァーダイト(牡、父ディープインパクト、栗東・音無)が、2番手から抜け出して4馬身差V。異父兄に今年のチャンピオンズCを無敗で制したクリソベリル、全姉に16年宝塚記念などを勝った女傑マリアライトがいる良血馬が期待に違わぬ勝ちっぷりを見せた。勝ちタイムは2分2秒6。兄の主戦でもある鞍上の川田将雅騎手は「1度調教で乗った時より、だいぶ成長していました。体つきも良くなっていましたね。問題なくいい競馬をしてくれましたし、この血統らしく成長してくれればと思います」と飛躍に期待を寄せた。

 なお、2着は3番人気のヒートオンビート、さらに1馬身1/4差の3着には逃げた7番人気ウィズダイヤモンズが入り、1番人気に推されたメラーキは4着に敗れた。

最終更新:2019/12/15(日) 17:54
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事