ここから本文です

総フォロワー200万超えの美人ツインズ、「陰でコソコソ言われた」中学生時代を乗り越えて

2019/12/15(日) 8:40配信

オリコン

 今、同世代を中心に支持を集める双子のモデル兼クリエーターがいる。国内の女性ティックトッカ―で人気4位にランクインする三重県出身の19歳ツインズ、「りかりこ」だ。中学生時代にSNSに投稿した「本物の双子ならではのシンクロする双子ダンス」が注目を集め、その後、美人高校生ツインズとしてブレイク。地元でTiktokやYouTubeを中心に活動を続け、今年4月に上京し、モデル兼クリエーターとして本格始動した。人気の理由を「みんなとの距離が近いから」と話す彼女たちの素顔とSNS活用術とは。

【写真】同じポーズで爆睡中、好物モグモグショット…秘蔵プライベートカットずらり!

■きっかけはお父さん? 双子の『PPAP』が反響を呼んだ中学生時代

――本当にそっくりですね! まずは、見分け方から教えてもらってもいいですか?

【りこ】 あはは! 一番分かりやすいのは、ホクロの位置かな? 鼻にホクロのあるほうが、りかです。
【りか】 あと、よく見ると頭の形もちょっと違います。りこは卵型だけど、りかはもうちょっと丸いんです。

――なるほど(笑)。YouTubeの登録者数は27万人を超え、TikTokのフォロワーも130万人という人気ぶりですが、反響は実感してますか?

【りか】 そうですね。街を歩いてたら、「りかりこや~」って声をかけてもらえたりして、うれしいです!
【りこ】 でも、TikTokのフォロワー数を見ても、「ホンマにこんなにたくさんの方が見てくれてるんかな⁉」って思う時あるよな?
【りか】 よくアーティストの方のライブ会場の映像を見ると“何万人”って書いてあるけど、「その人数より多いってこと⁉」って。
【りこ】 絶対あり得へんって思ってしまう(笑)。

――そもそも、最初に動画を撮り始めたきっかけは何だったんですか。

【りこ】 2014年の「LINEオーディション」に参加したことです。当時中学2年生だったんですけど、SNS審査があって。知名度もないしどうしようって悩んでた時に、りかがMixChannelで流行ってた“双子ダンス”を見つけてくれてんな?
【りか】 みんな友だち同士で踊ってて、リアルな双子でやっている子が少なかったので、おもしろいかなと思ったんですよね。
【りこ】 オーディションがきっかけやったけど、撮るのが楽しくて、その後も趣味みたいな感じで撮り続けてました。

――反響が大きくなり始めたのは、いつ頃?

【りか】 だんだんって感じですけど、1つ大きかったのは、中学生のころピコ太郎さんの『PPAP』をやったことかな?
【りこ】 ホントはりかひとりで撮るつもりやったけど、パパとママが絶対2人のほうがいいって。
【りか】 そうやったな(笑)。絶対『PPAP』流行るから早くせなアカンと思って、ピコ太郎さんがアップした翌日ぐらいに撮ったよな?
【りこ】 そしたら、海外の方もめっちゃ見てくださって。初めて見るほど多い再生回数やったのを覚えてます。

――『PPAP動画』のヒットで中学校では人気者に?

【りか】 うーん。そうでもないかな(笑)。正直、応援してくれてる子もいれば、陰でコソコソ言ってる子もいたかな。
【りこ】 いじめはなかったけど、“あの2人、何やってんの”みたいな感じでヒソヒソしとったな。
【りか】 でも、高校生ぐらいからは、「りかりこ、垢ぬけたな」って応援してくれる友達が増えて、それが頑張る原動力にもなってたと思う。

――今年、高校卒業と同時に上京。クリエーターとして本格始動されましたが、クリエイティブな仕事を選ぶことに迷いはなかった? 現代では、「YouTuber」は人気職業のひとつではあるけれど、まだまだ不安定な職業ですよね。

【りか】 迷いはなかったかなぁ。卒業後、大学や専門学校に通う子が多かったから、いいなぁと思う気持ちもあったけど、りかたちはこっちでがんばろうって。
【りこ】 応援してくれる方もたくさんいたし、ママとパパも賛成してくれました。

1/3ページ

最終更新:2019/12/25(水) 13:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事