ここから本文です

憧れの“妄想ガンプラLIFE”「プラモに見えない“鉄製”ガンキャノン」「シャア真似オジサン」を作ったワケ

2019/12/15(日) 7:00配信

オリコン

 来年40周年を迎える『ガンダムプラモデル(ガンプラ)』の魅力は、「ガンプラは自由」の精神のもと、モデラーたちが自身の“妄想”を具現化できる点にあるという。今回紹介する2つの作品もまさに“妄想ガンプラ”そのもの。ハンド氏の「プラモに見えない“鉄製”ガンキャノン」と、えーちん氏の「シャア真似オジサン」、それぞれの制作秘話を聞いた。

【ガンプラ】ガ…、ガソリンで動くズゴックだと!? 「百式」「サザビー」などシャアの搭乗機を一挙公開!

■プラスチックの“質感”からどうにか脱出しようと模索(ハンド)

 このガンキャノンは、「プラスチックに見えないガンプラ作りを目指そう!」というコンセプトで制作したというハンド氏。元となったキットはMG 1/100 RX-77-2 ガンキャノン、制作する際のこだわりは「重さを感じさせる金属感と錆表現」と強調した。

 「光沢部分を出すことで、プラスチックに見えない風にするのが楽しいです。この作品は、プラスチックの質感からどう脱出しよか模索していた時期だったと思います。とにかく鉄のイメージがこのガンキャノンの制作ポイントです」

 こだわっていると語る“錆や鉄の表現”に目覚めキッカケを聞くと、「ネットで他のモデラーさんの作品に影響された」と教えてくれた。まずは塗装の剥がれ加工が何とかできるようになり、次に錆表現だったと振り返るハンド氏。ただ、錆に関しては技法について調べる必要は無かったという。何故なら、もうすでに頭の中に豊富な錆の知識があったから。というのも、ハンド氏は若い時からバイクが趣味で、解体屋で安いバイクを3台買って、それを1台にするといったことをよくやっていたのだそう。「古いバイクなのでどれも錆だらけ。鉄部の錆、エンジン回りの錆、キャブ自体の錆や汚れ…など。錆でも、油混じりの錆とガソリン混じりの錆、全然違うんですよ」と楽し気にアピールしてくれた。

 錆の違いを意識したことは無かったと伝えると、「錆といっても、その表現方法は非常に奥深いんです」と解説。続けて、「錆と鉄感は試行錯誤してどうすればその様に見えるんだろうと色々手を動かしていました。まだまだ修行の途中ですが、その表現を作品から感じてもらえたら嬉しいです」と語った。

 そして、“こだわりの鉄・錆の表現”をガンプラに施すのが、ガンプラ制作の楽しみの1つになっているだそう。

 「私にとってのカタルシスは、『このガンプラは鉄?』とか、『錆、鉄感ハンぱね!』とコメントしてもらえた時ですね。あと、ガンプラ制作を通じて、色々な方とコミュニケーションがとれるのが楽しいです。ガンプラを始めて様々な方と会話ができ、本当に良い場を得られたと思っています。ガンプラは“人生の最終職”だと思っているほどです」

1/2ページ

最終更新:2019/12/17(火) 18:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事